ニュース
» 2006年03月29日 13時12分 公開

ノート向け地デジチューナー:ピクセラ、ノートPC向け地デジチューナーモジュールを発表──順次OEM出荷を開始

ピクセラはMini PCI/PCカードタイプのノートPC向け地デジ対応機器を開発、順次OEM出荷を開始すると発表した。

[ITmedia]
photo 12セグメント地デジ放送対応のMini PCIタイプ(写真=上)、ワンセグ放送対応のPCカードタイプ(写真=下)

 ピクセラは3月29日、ノートPC向けの地上デジタル放送対応チューナー2モデルを開発し、順次OEM出荷を開始すると発表した。開発されたのは、Mini PCI接続タイプの12セグメント用地上デジタル放送対応TVキャプチャーカードと、PCカードタイプのワンセグ放送対応カードの2モデル。

 Mini PCIタイプはRfStream製シリコンチューナー「TW-1000ST」を搭載し、ハイビジョン映像の視聴、録画、再生に対応する。ハードウェア/ドライバ/HLデコーダ(VA機能付き)/BMLブラウザ/アプリケーション「StationTV Digital」をセットで提供する形態となる。小型・低消費電力・低発熱化を実現し、搭載スペースが限られ、厳しい熱管理が求められるノートPCに適した設計となっている。

 PCカードタイプはワンセグ視聴ソフト「StationMobile」と、ARIB(社団法人電波産業会)の標準規格に準拠したモデルとなり、動画/字幕/EPG/データ放送/音声に対応する。ハードウェア/ドライバ/H.264デコーダ/AAC・AAC-SBRデコーダ/「StationMobile」をセットで提供する形態となる。

 2006年4月1日より開始する地上デジタル放送の携帯電話・モバイル端末向けサービス「ワンセグ」。対応機器としてNTTドコモ「P901iTV」やau「W33SA」「W41H」、ノートPCではソニー「VAIO type T」などが発売されている。ノート向けとして容易に搭載が可能なインタフェースを採用する同2モデルのリリースにより、出荷時で標準搭載となるモデルが今後増えてくると想定される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう