ワンセグ携帯「W41H」都内で発売──2万円後半

» 2006年02月15日 12時44分 公開
[ITmedia]

 4月1日から本放送が始まる、携帯向けテレビ放送「ワンセグ」。この受信に対応したau携帯電話「W41H」(日立製作所製)が2月15日、都内でも発売になった。都内量販店での新規価格は2万7090円(ITmedia調べ)。W41シリーズの中では高価格帯の製品となる。

 未発売の地域では、17日に九州、18日に中部地区で発売になる。

 なお、ワンセグ視聴に対応した端末としては「W33SA」が昨年末に発売済み(2005年12月16日の記事参照)。現在の新規価格は1万9740円と、発売当初から若干安くなってきている。

 W41Hは、日本で2モデル目となるワンセグ対応機。2.7インチの大型画面でワンセグ放送を最長3時間45分視聴できる。約30分の番組録画にも対応するが、アナログテレビ放送には未対応。EZ FeliCaやau ICカード、PCサイトビューアー、PCドキュメントビューアーなど、WINのサービスにフル対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー