ニュース
» 2006年04月21日 13時43分 公開

ロジテック、RoHS指令準拠のSVGA対応12.1インチ液晶

ロジテックは、RoHS指令対応モデルとなるSVGA表示対応12.1インチ液晶ディスプレイ「LCM-T123AS」を発売する。

[ITmedia]
photo LCM-T123AS

 ロジテックは4月21日、RoHS指令対応モデルとなるSVGA表示対応12.1インチ液晶ディスプレイ「LCM-T123AS」を発表、4月下旬より発売する。価格はオープン。

 LCM-T123ASは、800×600ドット(SVGA)表示をサポートする12.1インチ液晶ディスプレイで、サーバ監視用や工場ラインでの使用などに便利な省スペースサイズモデル。液晶パネル面には2ミリ厚の硬化ガラス製保護フィルタを装着しているほか、スタンド台座には固定用ネジ穴を装備する。

 インタフェースはアナログD-Sub×1の1系統を装備。応答速度は35ms、輝度は380カンデラ/平方メートル、コントラスト比は500:1、視野角は上下100度/左右140度となっている。本体サイズは304(幅)×160(奥行き)×272(高さ)ミリ(スタンド含む)、重量は3キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう