ニュース
» 2006年05月09日 14時11分 公開

UAC、物理演算プロセッサ“PhysX”搭載のBFG製物理演算向上カード

UACは、3Dグラフィック表示の演算能力を補助する物理演算プロセッサ「AGEIA PhysX」を搭載する物理演算向上カード「BFGRPHYSX128P」を発表した。

[ITmedia]
photo BFGRPHYSX128P

 UACは5月9日、3Dグラフィック表示の演算能力を補助する物理演算プロセッサ「AGEIA PhysX」を搭載する物理演算向上カード「BFGRPHYSX128P」の取り扱いを発表した。

 BFGRPHYSX128Pは、AGEIA製物理エンジンプロセッサ「AGEIA PhysX」を搭載するPCI接続対応の物理演算向上カード。対応ゲームソフトとともに利用することにより、グラフィックスカード単体では表現しきれない3Dオブジェクトの演算を補助し、よりリアリティのある描写を可能とする。

 ビデオメモリとして128ビットGDDR3メモリを128Mバイト搭載。装着はPCIスロット1基の占有となる。併用するグラフィックスカードの機種依存はなく、ドライバのアップデートのみにより汎用での利用が可能(GeForce 6600以上のグラフィックスカードを推奨)。対応OSはWindows XP。

 2006年5月現在での対応ゲームは以下の通り。

  • Ghost Recon: Advanced Warfighter
  • Rise of Nations: Rise of Legends
  • Bet on Soldier: Blood Sport
  • Cell Factor
  • City of Villains
  • Unreal Tournament 2007
  • Gunship Apocalypse
  • Sacred II
  • Loki
  • Dogtag
  • Fallen Earth
  • Crazy Machines 2
  • Arena Online
  • Diabolique
  • Warhammer MMORPG
  • Eye of the Storm
  • KARMA
  • Vanguard: Saga of Heroes
  • Alpha Prime

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう