中国でFounderの「インテル入ってる」UMPCを買ってしまいました(後編)山谷剛史の「アジアン・アイティー」(2/3 ページ)

» 2006年05月12日 08時00分 公開
[山谷剛史,ITmedia]

中国的事情で必須な再インストール作業

 ちょっとここで説明書に目を通してみよう。本来なら説明書までレビューする必要はないのだが、Mininoteに関してはぜひとも紹介しておきたいのだ。中国の(とくに小さな)電器製品を買うときの習慣として、購入時に問題がないかどうか動作チェックを行う習慣が店側にも消費者側にもある。したがってノートPCも購入する商品をドット欠け有無までチェックできる。

 それはそれでよいことでもあるのだが、確認のためにOSがすでに起動していることになる。ひょっとすると店員がすでにソフトを勝手にインストールしている可能性もあるのだ。

 そういう事情で、中国では確実にクリーンな状態に戻すために再インストール作業が必須になる。そこで説明書を見ることになるのだが、なんとそこには再インストールの方法が書いていない。説明書は先頭から「本体の各部名称」「ハードウェア的な使い方」「BIOS」「VGAドライバの入れ方」「故障と思ったときは」「仕様」でお終い。日本製PC製品の説明書になれたユーザーには「手抜きな説明書」に見えてしまうだろう。

 仕方がないので、とりあえず手持ちのUSB接続DVD-ROMドライブをMininoteに接続し、添付されているFounder版Windows XP HomeEditionのCD-ROMからインストールすることにした。すると問題なく成功してOSが起動した。しかし、それからMininote独自デバイスのドライバをインストールしなければらないのに何も起こらない。やむを得ず自力で「SUPPORTING UTILITY」(ドライバ)と「方正Joylink」(ラウンチャーとそのコンテンツ)のCDを入れて選択肢が表示されるたびに有無をいわさずEnterキーを叩いてみたところ、ラウンチャーボタンが有効にならないほかは元の状態に戻った。

 ちなみに、「SUPPORTING UTILITY」の起動メニューを見てみると「ECS」という文字が見られる。ECSといえば、本体のバッテリーにも「Elite Group」と書かれているし年初のMininote発表時にもメディアによっては製品写真にECSのロゴがあったりと、Mininoteと台湾エリートは関連があることが伺える(ただし、台湾エリートのWebページにMininoteの情報は掲載されていない)。

 ところでWindows XPを再インストールするとOSが2つ存在するためOS選択メニューが起動時に表示される。カーソルキーやEnterキーがあればいいのだがMininoteにはそれがない。ではキーボードをつながない限りOS選択メニューは利用できないのかといえばそうでもなく、このときは本体左のメディアプレイヤー専用ボタンがカーソルキーとEnterキーになる。

 再インストールの方法は説明書に書かれていないが問題を少し残しながらも完了した。デバイスマネージャを見る限りMininoteは、汎用的なパーツを集めたハードウェアで、かつドライバソフトも英語のインストーラが多い。なんとなく日本語化できそうな感じである。

Mininoteのデバイスマネージャの画面。添付のCD「SUPPORTING UTILITY」から自力で搭載されているデバイスのドライバを導入可能。ただし、筆者がおこなった作業ではラウンチャーボタンを有効にできなかった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー