ニュース
» 2006年05月22日 13時00分 公開

XPSノート第2弾はモバイル仕様−−XPS M1210発表

デルは5月22日に個人向けハイパフォーマンスPCラインアップ「XPS」シリーズでモバイル向けノート「XPS M1210」を発表した。

[ITmedia]

 XPS M1210は12.1インチワイド液晶ディスプレイを搭載した1.98キロ(標準バッテリー搭載時)のノートPC。CPUやメモリ、HDDをBTOでユーザーが選択できるが、モバイル向けノートPCとしては珍しく、CPUにデュアルコアのIntel Core Duo T2500と同T2300が選択できる。グラフィックスコアもチップセット(Intel 945GM)内蔵以外にGeForce Go 7400 with TurboCacheがBTOで用意されている。

 デザインもXPSシリーズらしく、マットブラックとシルバーでまとめたデザインを採用。筐体手前に搭載されたメディアプレーヤーコントロールボタンがLEDで青く輝くギミックも用意されている。また、PCを起動せずにAV機能を利用できる「Dell Media Direct」やビデオチャット用のCMOSカメラを内蔵するなど、エンターテイメント関連の機能が強化された。

 Celeron M 410を搭載したベーシック構成の価格は13万8200円。Intel Core Duo T2500を搭載してメインメモリ4Gバイト、120GバイトHDD、Windows XP MediaCenter Editionを導入したハイスペック構成の価格は59万8500円。筐体サイズは297.2×221×28.2ミリで重さは1.98キロ。販売は5月23日から開始される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.