ニュース
» 2006年06月06日 14時54分 公開

松下、PoE対応の天井設置専用ネットワークカメラ

パナソニック コミュニケーションズは、PoE動作に対応する天井設置専用のドーム型ネットワークカメラ「BB-HCM403」を発表した。価格は9万4290円。

[ITmedia]
photo BB-HCM403

 パナソニック コミュニケーションズは6月6日、天井設置専用のドーム型ネットワークカメラ「BB-HCM403」を発表、8月8日より発売する。価格は9万4290円(税込み)。

 BB-HCM403は、IPv6対応のWebサーバ機能を内蔵するネットワークカメラで、インタフェースとして10BASE-T/100BASE-TXを装備。付属のACアダプタでの動作のほか、PoE(Power over Ethernet)による受電にも対応する。32万画素CCDセンサーを内蔵、解像度は最大640×480ドットで、画像更新速度は640×480ドット時で12枚/秒、320×240ドット時で30枚/秒。デジタルズーム機能を装備しており、最大で10倍のズーム表示が可能となる。またチルト動作にも対応、最大で上下65度の上下角調整が行なえる。

 動体検知機能を装備しており、監視カメラとしての利用にも対応。内蔵マイクおよびマイク入力端子を用いた音声入力と、およびスピーカー出力端子による音声出力も可能で、いわゆる「トランシーバー方式」の半二重式の双方向音声通信を行なうことができる。

 複数台のカメラを同時にモニタリングできる「マルチカメラ」機能を搭載、同一ブラウザ上で最大4台、計3組の切り替えにより最大12台のカメラを管理できる。SDメモリカードスロット×1を装備しており、SDメモリへの直接録画も可能だ。本体サイズは123(幅)×123(奥行き)×97.5(高さ)ミリ、重量は330グラム。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.