アキバで見かけた“かなりのアレ”の裏事情週末アキバPickUP!(3/4 ページ)

» 2006年06月25日 08時00分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

ASUSTeKの物理演算カード「PhysX P1」

 今週の木曜日、ASUSTeKの物理演算カード「PhysX P1」が複数のショップに入荷した。価格は4万円弱で在庫は少数。

 PhysX P1は、AGEIA製PPU(物理演算プロセッサ)である「PhysX」を搭載するPCI型の拡張カード。5月17日に登場したBFG「BFGRPHYSX128P」に続く2つの物理演算カードとなる。ハードウェアの仕様はほぼ同じで、目に見えて違うのは「PhysX P1はPPUクーラーが光らない点だけ」(パソコンショップ・アーク)。

 ただし、付属するゲームソフトの数は異なる。PhysX P1は製品版ソフト2本と、デモ版1本をバンドルするが、BFGRPHYSX128Pは1本だった。物理演算カードは3Dオブジェを物理法則に従って動作させるアクセラレーターで、対応するソフトでないと機能を発揮できない。現状では対応した市販ゲームがほとんど出回っていないので、性能を体感するためにもバンドルソフトが重要になってくるのだ。

BFG製と異なりファンは光らない(写真=左)。背面ブラケットにはAGEIA製PPUのロゴがプリントされている(写真=右)

 購入層を想像しにくいこの製品だが、入荷したショップでは調査当日の金曜日に売り切れているところもあった。高速電脳は「(PhysX P1を買うのは)ゲーマーというより、純粋に物理演算処理を楽しみたいコアなユーザーだと思います。当店で購入した人はPhysX P1を堪能するためにグラフィックスカードも一緒に買っていかれました」と話す。

 世の中には純粋に物理演算を楽しみたい人、がいるらしい……。

製品ASUSTeK「PhysX P1 GRAW Edition
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク3万8480円
USER'S SIDE秋葉原本店3万9690円
フェイス秋葉原本店3万9770円(売り切れ)
高速電脳3万9800円(売り切れ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー