ニュース
» 2006年07月05日 16時02分 公開

コレガ、双方向通信が可能なUSBプリントサーバ

コレガは、双方向通信のサポートにより各種プリンタユーテリティを使用可能なUSBプリントサーバ「CG-FPSU2BDS」を発売する。価格は1万9740円。

[ITmedia]
photo CG-FPSU2BDS

 コレガは7月5日、双方向通信のサポートにより各種プリンタユーテリティを使用可能なUSBプリントサーバ「CG-FPSU2BDS」を発表、7月8日より発売する。価格は1万9740円(税込み)。

 CG-FPSU2BDSは、USBプリンタを10/100BASE-TX対応LAN共有化可能とするプリントサーバで、USB2.0接続に対応。プリンタの双方向通信に対応しており、各社製プリンタに付属するユーティリティをフルファンクションで使用することができる。

 USBポート2基を装備。デバイスサーバ機能により、USBプリンタのほかUSB接続対応の光学ドライブやHDD/USBメモリ等のLAN共有が可能となっている。本体サイズは107(幅)×31(奥行き)×132(高さ)ミリ、重量は150グラム(本体のみ)。対応OSはWindows 2000 Professional/XP、MacOS 9/X 10.3以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう