ニュース
» 2006年07月14日 22時45分 公開

東京おもちゃショー2006:「リカちゃん電話」がPCへ進出 (2/2)

[後藤治,ITmedia]
前のページへ 1|2       

はらぺこヤギさんで癒される

 最後にPCと連動して動くユニークな製品を紹介しよう。その名も「はらぺこヤギさん」。これは、PC上ではらぺこヤギさんが住むゴミ箱にファイルを捨てると、ガジェット本体のゴミ箱に住むヤギさんがふたを開けて飛び出してくるという癒し系グッズだ。

 ユニークなのはPCとの接続方法で、正確に言うと“つながっていない”。デスクトップ画面の一部に表示されるウィンドウに読み取りセンサーを設置し、白/黒表示の変化でデスクトップ上のアクションをデータ転送する仕様だ……いやまてUSBでいいんじゃないか? と思って聞いてみたら、単にコストの問題(USBは高い)とのこと。そうですか。ちなみにヤギさん本体は乾電池で駆動する。

※記事初出時、本体の電源は独自端子が兼ねているとの記述がありましたが、本体は電池での駆動となります。お詫びして訂正いたします。
PCのデスクトップ上でアクションがあるとゴミ箱の中のヤギさんが動き出す。PCとの接続は独自のセンサーで、画面の白と黒の表示でデータ転送を行う。ヤギさん以外にも郵便屋さんや狼が登場する

 なお、はらぺこヤギさんはゴミ箱にファイルを捨てたときだけでなく、ときどき出現する狼や郵便屋さんなどにあわせてアクションを行う。また、長い間ファイルを捨てないと「ごはんまだ?」といったメッセージを言ったりもする。ちなみに一度ゴミ箱にいれたファイルを元に戻してもヤギさんが嘔吐したり反芻したりといったことはなかった。

 本体サイズは80(幅)×80(奥行き)×100(高さ)ミリ。黒ヤギと白ヤギの2色のカラーバリエーションがあり、価格はともに3675円となっている。2007年1月に発売される予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう