ニュース
» 2006年07月24日 16時50分 公開

星野金属の不渡り余波: 「製造再開は今少し時間がかかる」――ソルダム

ソルダムは、星野金属工業の“事実上の倒産”による影響や、業務の対応状況などについて経過説明を行った。

[ITmedia]

 ソルダムは、生産委託先である星野金属工業の不渡りから約10日を迎えた7月22日、同社業務の対応状況や今後の見通しなどを説明する経過報告を行った。

 これによると、カスタマーサポート業務(有償修理およびメール/電話でのユーザーサポート)と、オンラインサポート業務(受注製品の進捗状況や注文のキャンセル/返金業務)は正規営業を継続しており、星野金属の不渡りによる連鎖倒産などがないことを改めて強調した。また、7月19日には注文済み製品の一部出荷を再開。メーカー保証については同社が代行保証を行う形で協議を行っており、決定次第アナウンスするという。

 一方、製品の製造については製造委託先との交渉や自社内リペアなどの可能性を模索しており、製造再開には「今少し時間がかかる」見通し。なお、WiNDy製品のオンライン販売は停止中となっている(7月24日現在)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう