ニュース
» 2006年08月28日 11時05分 公開

リンクス、12V出力3レールを備えるAntec製ATX電源3製品

リンクスインターナショナルは、ATX12V Ver.2.2準拠のAntec製ATX電源「TruePower Trio」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo TruePower Trioシリーズ

 リンクスインターナショナルは8月28日、Antec製ATX電源「TruePower Trio」シリーズの発売を開始した。製品ラインアップは430ワット出力の「TP3-430」、550ワット出力の「TP3-550」、650ワット出力の「TP3-650」の3モデルを用意。価格はオープン、予想実売価格はTP3-430が1万3800円前後、TP3-550が1万7800円前後、TP3-650が2万1800円前後。

 TruePower Trioシリーズは、ATX12V Ver.2.2準拠のATX電源ユニットで、冷却ファンとして静音12センチ角ファンを搭載、自動回転数調整機能を装備するほか、ケースファン専用コネクタによりケースファン制御も同時に行なうことができる。

 TP3-430/TP3-550/TP3-650の3モデルは、いずれも+12V出力を計3系統装備し、安定したシステム動作を実現する。またTP3-550/TP3-650はEPS12V Ver.2.9にも準拠するほか、PCI Express用コネクタを2系統用意する高汎用タイプとなっている。

 利用可能コネクタ数はマザー用20/24ピン×1、CPU用12V 4ピン×1、ペリフェラル4ピン×6、FDD用×1、Serial ATA用×4、PCI Express用×2(TP3-430は×1)などが利用可能。本体サイズは150(幅)×140(奥行き)×87(高さ)ミリ、重量は2.1キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう