ニュース
» 2006年09月21日 16時53分 公開

“社内PC探偵”はじめました――ピーシーキッド

ピーシーキッドは、社員利用PC内の調査/解析を行い不正利用の証拠を発見する「コンピュータ フォレンジックス」サービスを開始した。

[ITmedia]
photo

 ピーシーキッドはこのほど、社員によるPCの不正利用の証拠を発見する「コンピュータ フォレンジックス」サービスを開始した。

 コンピュータ フォレンジックスは、顧客リストや技術情報流出時の問題対応や、データ改ざん/消去といった証拠隠滅、業務以外の私的利用の発見といった、社内でのPC不正利用を発見するためのサービス。調査依頼に応じて、現場にてPCを調査して証拠を取得し、同社フォレンジックスラボにて調査/解析を実施して結果を依頼主に報告。不正の痕跡が見つかった場合には、その証拠とともに詳細な結果確認を通知する。

 不正の「証拠」となるデータの保管継続性については、データの同一性を証明するハッシュ値にてChain of Custody認証(CoC認証)を実現、その証拠性を保証する。

 同社では、今後ネットワーク利用の調査/解析を行なうネットワーク フォレンジックスサービス分野への進出も視野にいれており、総合的なITセキュリティサービスを幅広く展開していく予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.