ニュース
» 2006年10月01日 12時39分 公開

週末アキバPickUP!:Athlon 64 X2 5200+が大量入荷したウラに特例措置アリ!? (1/4)

入荷時期が不透明となっていたAthlon 64 X2 5000+と5200+が、バルク品で突如アキバに登場した。今週のキーワードは「5000+超え」「micro-ATXに見劣りなし」「ハイリスクローリターン」「スポット入荷」だ!

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

Athlon 64 X2 5000+と5200+がデビュー

 半年以上前から発売が噂されたAthlon 64 X2 5000+が、今週木曜日から複数のショップの店頭に並んだ。金曜日には最上位の同5200+を扱うショップも多数現れ、今週末にアキバへ行けば余裕で購入できるほど潤沢に出回っている。価格は5000+が3万9000円前後で、5200+が5万円前後。

 Athlon 64 X2 5000+と5200+はSocket AM2に対応するデュアルコアCPUで、ともに2.6GHzで動作する。2次キャッシュは5000+が512Kバイト×2、5200+は1Mバイト×2となる。

 Athlon 64 X2 5000+は半年前に8万円前後の予価が付けられていたが、7月末の価格改定により半額以上値下がりして3万8000円前後で出回っている。5200+も5万円前後と、最上位のCPUとしては手を出しやすい価格だ。

AMD「Athlon 64 X2 5200+」(写真=左)。AMD「Athlon 64 X2 5000+」(写真=中央)。T-ZONE.PC DIY SHOPでは、Athlon 64 X2 5000+を搭載したマシンのデモを展示している(写真=右)

 ゴールデンウィーク頃から5000+の問い合わせを受けていたというフェイス秋葉原本店は「低価格も手伝って週末には好調に売れると思います。大量に入荷したものの、マシンに組み込んで販売する数を考えるとまだまだ足りません」と話す。また、人気はすでに5200+に移行しているとの声が聞かれた。「ベンチマーク重視のユーザーは最上位にしか目がいきません。そういった需要はすべて5200+に集まるので、5000+はダブつくかも」(某ショップ)とのこと。

 今回のようにバルク品だけが大量に出回り、複数のショップで堂々と単品発売される例はあまりない。あるショップは「Athlon 64 X2 4800+が登場した時は、リテール品の数が足りなくてもバルク品の単品発売は代理店から禁止されていました。ところが今回は、売り方について何も言ってきません。5000+の発売があまりに遅れたため、代理店としてもとにかく流通させることを優先したかったのでしょう」と語る。

 なお、5000+と5200+のリテール品は、早ければ10月上旬に入荷すると話すショップが多かった。バルク品との価格差は1割未満になる可能性が高いという。

製品:AMD「Athlon 64 X2 5200+
入荷ショップ
ドスパラ秋葉原本店4万9980円(現金限定)
フェイス秋葉原本店5万770円
TSUKUMO eX.5万980円
T-ZONE.PC DIY SHOP5万1954円
BLESS秋葉原本店5万1980円
製品:AMD「Athlon 64 X2 5000+
入荷ショップ
クレバリー1号店3万7773円
パソコンショップ・アーク3万7800円
TSUKUMO eX.3万7980円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万8640円
フェイス秋葉原本店3万8970円
BLESS秋葉原本店3万8980円
高速電脳3万9800円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう