PC USER Pro
ニュース
» 2006年11月06日 12時35分 公開

富士通、企業向けPC「FMV-ESPRIMO」のCore 2 Duoモデルなどを投入

富士通は、企業向けデスクトップPC「FMV-ESPRIMO」ラインアップ一新を発表した。ミドルタワー/コンパクト/ウルトラスモール/液晶一体型の計7製品を投入する。

[ITmedia]
photo FMV-ESPRIMO 新モデル

 富士通は11月6日、企業向けデスクトップPC「FMV-ESPRIMO」ラインアップ一新を発表した。

 製品ラインアップは、コンパクト筐体採用モデルの「FMV-D5330」「FMV-D5230」、ウルトラスモール筐体採用モデル「FMV-B5220」、液晶ディスプレイ一体型の省スペースモデル「FMV-K5230」、ミドルタワー筐体採用モデル「FMV-W5230」の5製品。またFMVバリューシリーズにエントリーされるコンパクトモデル「FMV-D3230」、液晶一体型モデル「FMV-K3230」も用意される。提供開始時期は11月初旬から11月下旬。

 FMV-ESPRIMOの新ラインアップでは、デュアルコア対応製品を従来の1機種から7機種へとに大幅に拡充。コンパクト型モデルのDシリーズ、および液晶一体型モデルのKシリーズはCore 2 Duo搭載に対応、ミドルタワーモデルのWシリーズはPentium Dを標準搭載する。

 また、コンパクトモデルの「FMV-D5330」では、一元的なセキュリティ管理を実現する企業向け技術「インテル vPro テクノロジー」に対応、運用管理面での利便性向上が図られている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう