連載
» 2006年12月05日 10時53分 公開

Vistaの足音が聞こえてきました:5分で分かった気になる、11月のアキバ事情 (1/3)

GeForce 8800 GTX搭載カードや、クアッドコア内蔵のCore 2 Extreme QX6700が登場するなど、コンシューマー向けマシンの限界を押し上げる高性能なパーツが立て続けに登場した11月。街が徐々に“Vista色”に染まっているのも見逃せない。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

GeForce 8800が登場し、一般層とハイエンドユーザーの距離を広げる

11月9日に登場したGeForce 8800 GTXカード。種類は多いが、それぞれの在庫は少数で、当日中に売り切れる店が続出した

 NVIDIAのハイエンドGPUシリーズ「GeForce 8800」の発表に合わせて、11月9日の朝から、PCパーツショップには各ベンダーの新しいハイエンドグラフィックスカードが並んだ。初日に登場したカードはすべてリファレンス仕様で、上位の「8800 GTX」を搭載したカードは、8万円台で出回っている。下位の「8800 GTS」搭載カードは6万円から7万円弱。

 GeForce 8800はNVIDIAによる情報管理が非常に厳しかったようで、発表前にアキバで噂が飛び交うことはほとんどなかった。それでも、ハイエンド志向のユーザーは、海外サイトから断片的な情報を仕入れて、開店前のショップに行列を作っていた。当日に売り切れが続出するなど、上々の滑り出しに見えるが、某ショップの店員は「一部の人は、どんなに高額でも最強モデルが登場すれば即入手します。本日もSLIを構築するために2枚購入した人がいました。ただ、初回の勢いだけで人気が終わりそうで心配です」と冷めた視点で語る。

 GeForce 8800は7900シリーズ飛躍的な性能アップを遂げたぶん、消費電力も跳ね上がっている。8800GTX搭載カードは、補助電源コネクタを2基備えており、推奨の電源容量も1枚で600ワット、SLI構築時に800ワット以上(GALAXYによる)。「SLIを構築するなら、ほとんどのユーザーが電源も買い換える必要が出るでしょう。800ワット級になると4万円以上します。2枚のカードと合わせて20万円以上。そう簡単には手がでません」(高速電脳)という発言をいくつかのショップで耳にした。

GeForce 8800 GTXカードの補助電源コネクタ(写真=左)。T-ZONE.PC DIY SHOPのグラフィックスカード売り場付近には、GeForce 8800登場以降、補助電源が置かれた(写真=中央)。800ワット以上の電源はほとんどが5万円前後。安くても4万円台前半だ(写真=右)

 11月後半になると、下位の8800 GTSのほうが好調に売れているという話はよく聞くようになった。「日本の一般的なゲームユーザーが高性能をめざすなら、8800 GTSを1枚買うだけで十分でしょう。当初から予想していましたが、GeForce 8800 GTXは“高嶺の花”扱いで、7900 GTXの時より手を出す人が少なくなっていますね」(某ショップ)という。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう