ニュース
» 2007年02月26日 13時00分 公開

「AMDに軽いジャブを打ち込まれた感じ」――やや困惑気味のショップ週末アキバPickUP!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ASUSTeKから「Vista Edition」のマザーボード2製品――ブーム急先鋒の予感

ASUSTeK「P5B Plus Vista Edition」(上)と、「P5B Premium Vista Edition」(下)

 先週末に“Vista Edition”のロゴが入ったASUSTeKのATXマザー2モデルが、複数のショップに入荷した。価格は「P5B Premium Vista Edition」が3万5000円前後で、「P5B Plus Vista Edition」は2万5000円前後。それぞれ、在庫は少数だ。

 両モデルとも、チップセットにP965+ICH8Rを搭載しており、“Premium”は2基のPCI Express x16スロットでCrossFireを構築できる(1基は4レーン仕様)。そのほか、内外8基のSerial ATAコネクタや2基のIEEE1394端子を備えている点は共通している。

 Vista Editionとして、ReadyBoost専用に512Mバイトのフラッシュメモリをオンボードする「ASAP」や、「AI Remote」と呼ばれるVistaのAV機能を操作する小型リモコンなどを盛り込んでいる。加えて、“Premium”には「ScreenDUO」という小型の液晶ビューアが同梱される。ScreenDUOはWindows Vistaの“Windows SideShow”機能に対応しており、パソコンと同期したAVコンテンツやRSSニュース、マシン情報などが表示できる。

 某ショップは「Windows SideShowに目を付けているユーザーは以前から多く、初日から問い合わせが多数寄せられています」と話す。また、取材中にもP5B Premium Vista Editionを買い求める人を複数見かけた。

 いくつかのショップでは「オマケはいいから、その分安くしてほしいよ……」という愚痴も聞こえてきたが、最新のテクノロジに敏感なユーザーの目は、ScreenDUOにロックオンしているようだ。

P5B Premium Vista Editionの付属品。手前のビューアがScreenDUOだ(写真=左)。P5B Premium Vista Editionの基板(写真=右)。P5B Plus Vista Editionの基板(写真=右)
製品:ASUSTeK「P5B Premium Vista Edition
入荷ショップ
ツートップ秋葉原本店3万4480円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万5280円
TSUKUMO.eX3万5780円
高速電脳3万5980円
製品:ASUSTeK「P5B Plus Vista Edition
入荷ショップ
ツートップ秋葉原本店2万5580円
T-ZONE.PC DIY SHOP2万5280円
TSUKUMO.eX2万5580円
高速電脳2万5980円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.