ニュース
» 2007年02月26日 13時00分 公開

「AMDに軽いジャブを打ち込まれた感じ」――やや困惑気味のショップ週末アキバPickUP!(1/4 ページ)

Athlon 64 X2 6000+とともに、旧製品よりも少しだけ安く買える新型の5000+が登場。Vistaの新機能が堪能できる高付加価値な「Vista Edition」マザーも出回り始めた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Athlon X2 6000+登場も様子見が続く

AMD「Athlon 64 X2 6000+」

 先週からAthlon 64 X2初の3GHz超えモデル「6000+」の販売が始まっている。価格は6万円前後で在庫は潤沢。

 Athlon 64 X2 6000+は3.0GHzで動作するSocket AM2対応のデュアルコアCPU。2次キャッシュは1Mバイト×2で、製造プロセスは90ナノメートル。TDPは125ワットとなり、1つ下の5600+(89ワット)から消費電力は大幅に増加した。

 先週末の段階では、売り上げが今ひとつという。某ショップは「価格は十分安いですが、発熱量の高さがネックになりますね。しばらく待てば65ナノメートル版が出てくると予想しているユーザーも多く、様子見が続いています」と話す。

 なお、6000+と同じタイミングで従来モデルと異なる型番(ADA5000CZBOX)の5000+も登場した。3万円前後の値がつけられており、ショップによっては従来の5000+よりも低い価格になっている。

 某ショップは「新リビジョンが安く入ってきたので、どうしようもないね。かといって従来モデルを安くすると赤字になるし。在庫数が今のところ少ないので打撃は少ないけど、AMDに軽いジャブを打ち込まれた感じですかね」と語った。

 ライバルのCore 2 Duoと比較した売れ行きを聞いて回ったところ、依然Core 2 Duo優位の状況が続いているようだ。某ショップは「Athlon 64 X2も価格改定でかなりコストパフォーマンスが上がりましたが、追いついただけではインパクトが足りない」と分析。多くのショップが、ライバルへの右ストレートを求めている様子だ。

高速電脳では新旧の5000+に1400円の価格差がついている(写真=左)。リビジョンを変更した新しい5000+(写真=中央)。同じく20日に発売されたAthlon 64 4000+。シングルコアでは最上位のモデルで、価格は1万4000円前後(写真=右)
製品:AMD「Athlon 64 X2 6000+
入荷ショップ
クレバリー1号店5万9818円
USER'S SIDE秋葉原本店5万9955円
フェイス秋葉原本店6万770円
ツートップ秋葉原本店6万780円
ドスパラ秋葉原本店6万1470円
T-ZONE.PC DIY SHOP6万1740円
パソコンショップ・アーク6万1800円
TSUKUMO eX.6万1980円
製品:AMD「Athlon 64 X2 5000+(新リビジョン)
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク2万8800円
高速電脳3万80円
製品:AMD「Athlon 64 4000+
入荷ショップ
USER'S SIDE秋葉原本店1万3335円
ドスパラ秋葉原本店1万3370円
T-ZONE.PC DIY SHOP1万3629円
TSUKUMO eX.1万3770円
パソコンショップ・アーク1万3800円
高速電脳1万4480円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  3. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  6. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー