ニュース
» 2007年03月29日 17時04分 公開

コレガ、Draft 11n対応の無線LANルータ「CG-WLBARGN」

コレガは、Draft IEEE802.11n準拠となる無線LANルータ「CG-WLBARGN」を発売する。有線ポートは全ポートをギガビット対応とした。

[ITmedia]
photo CG-WLBARGN

 コレガは3月29日、Draft IEEE802.11n対応の無線LANルータ「CG-WLBARGN」を発表、4月上旬より発売する。価格は3万3600円(税込み)。

 CG-WLBARGNは、IEEE802.11nのDraft Ver1.0に準拠する無線LANルータで、計3本のアンテナと2ストリーム通信を組み合わせたXSPAN技術を採用。従来のIEEE802.11b/gとの互換性も確保している。

 無線LAN設定を簡単に行なえる「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」機能を搭載。また、アクセスポイントがもてるESSIDを2つに増やせるマルチAP機能も利用可能となっている。

 有線ポートはWAN側1ポート/LAN側4ポートを装備、全ポートともにギガビットに対応する。本体サイズは165(幅)×150(奥行き)×33(高さ)ミリ、重量は380グラム(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう