ニュース
» 2007年05月11日 15時30分 公開

マウスコンピューター、スリムPC「GSX-Slim」に新モデル3製品を追加――OS込みで6万690円から

マウスコンピューターは、法人向けスリムデスクトップPC「GSX-Slim」シリーズに新モデル3製品を追加した。標準でデュアルディスプレイ出力をサポートする。

[ITmedia]
photo GSX-Slim351/同551/同751

 マウスコンピューターは、法人向けスリムデスクトップPC「GSX-Slim」シリーズに新モデル3製品を追加、本日18時より受注を開始する。BTOカスタマイズに対応、OS込みの標準構成価格はCeleron D 331搭載モデルの「GSX-Slim351」が6万690円、Pentium 4 631搭載モデルの「GSX-Slim551」が7万5390円、Core 2 Duo E4300搭載モデルの「GSX-Slim751」が9万1140円(いずれも税込み)。

 新モデル3製品は、いずれもマザーボードにVIA P4M900チップセット搭載製品を採用するスリムデスクトップPCで、従来モデル比で奥行きを約5センチ以上コンパクト化した。標準搭載メモリは512Mバイト〜1Gバイト、HDDは80〜160Gバイトを搭載。オンボードグラフィックス機能によりアナログD-Sub×1、DVI×1の2系統出力を利用可能なほか、PCI Expressグラフィックスカードも装備できる。

 選択可能OSは、GSX-Slim351/GSX-Slim551がWindows Vista Home Basic/XP Home Edition、上位のGSX-Slim751がWindows Vista Business/XP Professionalを用意。またOSレスモデルも選択可能だ。

 本体サイズは94(幅)×330(奥行き)×375(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう