ニュース
» 2007年07月04日 17時20分 公開

ツクモ、GIGABYTE製のCore 2 Duo搭載ノートPC計2モデルを発売

九十九電機は、GIGABYTE製の14.1インチワイド液晶搭載ノートPC「W466U」、および15.4インチワイド液晶モデル「W556N」の2製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo W466U

 九十九電機は7月4日、GIGABYTE製の14.1インチ液晶搭載ノートPC「W466U」シリーズ、および15.4インチワイド液晶モデル「W556N」シリーズの取り扱いを発表、発売を開始した。価格はW466Uシリーズが10万9800円から(発売キャンペーン特価で9万9800円)、W556Nシリーズが12万9800円から(双方税込み)。

 W466Uシリーズは、マザーボードにIntel GM965 Expressチップセット搭載製品を採用するノートPCで、液晶ディスプレイとしてグレアタイプの1280×800ドット表示対応14.1インチワイド液晶を内蔵する。

 構成に応じて3モデルを用意しており、下位の「466U-402」はCore 2 Duo T7100(1.8GHz)/512Mバイトメモリ/40GバイトHDDを装備。中位/上位の「W466U-412」「W466U-422」は、Core 2 Duo T7300(2GHz)/1G〜2Gバイトメモリ/80G〜120GバイトHDD/IEEE802.11a/b/g/n無線LANを装備する。搭載OSは、W466U-402/W466U-412がWindows XP Home Edition、W466U-422がWindows Vista Home Premium。

photo W556N

 W556Nシリーズは、グレアタイプの15.4インチワイド液晶を搭載するモデルで、マザーボードにはIntel PM965 Expressチップセット搭載製品を採用した。またグラフィックス機能としてGeForce 8400M GSを利用可能となっている。

 W466Uシリーズと同じく計3グレード構成を用意、下位モデルの「W566N-702」はCore 2 Duo T7100(1.8GHz)/512Mバイトメモリ/40GバイトHDDを装備。中位の「W566N-712」および上位の「W566N-722」は、Core 2 Duo T7300(2GHz)/1G〜2Gバイトメモリ/80G〜120GバイトHDD/IEEE802.11a/b/g/n無線LANを装備する。搭載OSは、W566N-702/W566N-712がWindows XP Home Edition、W566N-722がWindows Vista Home Premium。また、上位のW566N-722はIntel Turbo Memory用の1Gバイトフラッシュメモリも装備している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう