ニュース
» 2007年07月20日 18時21分 公開

Win/Mac両対応のブースター内蔵ワンセグチューナー――アイ・オー

アイ・オー・データ機器は、同社製ワンセグチューナー「SEG CLIP」の新モデル「GV-SC200M」を発表した。Windows/Macに両対応するほか、ブースター回路を搭載して感度を向上させた。

[ITmedia]
photo GV-SC200M

 アイ・オー・データ機器は7月20日、同社製ワンセグチューナー「SEG CLIP」の新モデル「GV-SC200M」を発表、8月上旬より出荷する。価格は1万3600円だ。

 GV-SC200Mは、USBスティック型筐体を採用するワンセグTVチューナーで、5月発表のモデル「GV-SC200」をベースにMacでの動作もサポートしたのが特徴。Mac用視聴/録画ソフトとして「SEG CLIP for Mac」をバンドルしており、EPG/iEPG視聴/録画や字幕表示、静止画キャプチャなどを行うことができる。また、リモコン「Apple Remote」での操作にも対応しており、チャンネル切り替えやボリューム、録画コンテンツ切り替えなどを行える。

 筐体デザインやハードウェア仕様はGV-SC200に準じており、電波を増幅する「ブースター回路」とノイズを除去する「ダブルノイズフィルタ」の搭載により感度を高めた。付属品として、外部アンテナ/F型コネクタ変換ケーブルが付属する。対応OSはWindows XP/Vista(32ビット版)、Mac OS X 10.4以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう