ニュース
» 2007年07月30日 11時55分 公開

NECと日立、DVDレコーダーより静かな内蔵型水冷システムを開発――HDD冷却にも対応

日本電気とNECパーソナルプロダクツおよび日立製作所は、デスクトップPC向けの新水冷システムの共同開発を発表した。次期の日本電気製デスクトップPCに搭載される予定だ。

[ITmedia]
photo

 日本電気とNECパーソナルプロダクツおよび日立製作所は、デスクトップPC向けの新水冷システムの共同開発を発表した。

 新たに開発された水冷システムは、CPU冷却用の水冷ジャケットとして日立製の最新水冷ジャケットを採用し、受熱効果を従来製品比で約2倍以上に高めている。また、世界初となるHDD用の水冷ジャケットもあわせて搭載。HDDを吸音材などで包み込むことが可能となり、従来製品を上回る静音性能を実現可能とした。新水冷システムを搭載したPC本体の騒音レベルは約25デシベル程度になる、としている。

 なお、同水冷システムを搭載した製品については日本電気の次期デスクトップPC製品に採用が予定されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう