ニュース
» 2007年08月06日 12時57分 公開

Antec、4系統独立出力装備の1000ワット電源「TRUEPOWER Quattro」

リンクスインターナショナルは、Antec製ハイパワーATX電源ユニット「TRUEPOWER Quattro」の1000ワット出力対応モデル「TPQ-1000」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo TPQ-1000

 リンクスインターナショナルは8月6日、Antec製ハイパワーATX電源ユニット「TRUEPOWER Quattro TPQ-1000」(以下「TPQ-1000」)の取り扱いを発表、8月11日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は3万9800円前後(税込み)。

 TPQ-1000は、4系統の+12ボルト出力を装備するATX電源「TRUEPOWER Quattro TPQ-850」の上位モデルとなる製品で、トータル出力を1000ワットに強化した。

 基本設計については従来モデルのTPQ-850を踏襲しており、4系統の+12ボルト出力の装備によりデュアル/クアッドGPU構成にも対応。電源コネクタは必要に応じて任意に着脱ができる「アドバンストケーブルマネジメントシステム」を採用している。

 高効率/低発熱設計を採用しており、搭載ファンは吸気用の8センチ角ファン1基で、負荷に応じて回転数を自動調節することで静音性も確保している。本体サイズは150(幅)×180(奥行き)×86(高さ)ミリ、重量は2.6キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう