ニュース
» 2007年08月21日 15時29分 公開

東芝、現行最大容量の320Gバイト2.5インチHDDを発表――量産は11月以降

東芝は、2.5インチHDDとしては業界最大容量となる320Gバイトモデル「MK3252GSX」など計9製品を発表した。

[ITmedia]
photo MK3252GSX(左)、MK2049GSY(右)

 東芝は8月21日、2.5インチHDDとしては業界最大容量となる320Gバイトモデル「MK3252GSX」など計9製品を発表した。量産開始は11月以降となる。

 新たに発表されたラインアップは、回転数5400rpmタイプのスタンダード/大容量モデル「MK3252GSX」「MK2552GSX」「MK1652GSX」「MK1252GSX」「MK8052GSX」5製品、および7200rpmタイプの高速転送モデル「MK2049GSY」「MK1649GSY」「MK1249GSY」「MK8049GSY」4製品の計9製品で、いずれも接続インタフェースはSerial ATA(3Gbps)をサポートする。

 最大容量モデルのMK3252GSXは、磁気ヘッドとディスク磁性層の改善により記録密度の向上に成功し、320Gバイトの記憶容量を実現したのが特徴だ。同シリーズの下位ラインアップ容量は、MK2552GSXが250Gバイト、MK1652GSXが160Gバイト、MK1252GSXが120Gバイト、MK8052GSXが80Gバイトとなる。

 ハイパフォーマンスモデルとなるMK2049GSYは、ディスク回転数を7200rpmに向上させるとともに、バッファ容量を16Mバイトに増加したことで高速処理を可能とした。ディスク容量は、最上位のMK2049GSYが200Gバイト。以下、MK1649GSYが160Gバイト、MK1249GSYが120Gバイト、MK8049GSYが80Gバイトとなっている。

関連キーワード

東芝 | 2.5インチHDD | ハードディスク | 最大


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう