ニュース
» 2007年09月04日 12時05分 公開

Intel Mac用仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0 for Mac」を発表――10月5日より発売

プロトンは、米ParallelsのIntel Mac用仮想化ソフト最新版「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo

 プロトンは9月4日、米ParallelsのIntel Mac用仮想化ソフト最新版「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の取り扱いを発表、10月5日より発売を開始する。価格は1万4800円で、従来より3000円値引きした価格で提供。また旧バージョンユーザー向けには、7800円でアップグレード版を提供する。

 Parallels Desktop 3.0 for Macは、Mac用仮想化ソフトの最新版で、新たにOpenGLとDirectX 3Dに対応したのが特徴だ。

 また、WindowsとMac OS Xとをシームレスに統合できる「コヒーレンスモード」も改良されており、Mac OS X側からWindowsファイルにアクセスできる「逆共有フォルダ」機能を搭載。そのほかにもUSB 2.0のサポートなど、各種新機能の追加や互換性向上がなされている。

 対応OSはMac OS X 10.4.6以上。

関連キーワード

Mac | Parallels | 仮想化 | Windows | Mac OS X | Intel | DirectX


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう