ニュース
» 2007年09月12日 14時35分 公開

バッファロー、IEEE802.11n Draft2.0対応の無線LANルータ発売

バッファローは、IEEE802.11n Draft2.0に準拠する無線LANルータ「WZR2-G300N」を発売する。異なる無線LAN暗号化レベルを混在利用できるマルティセキュリティ機能に対応した。

[ITmedia]
photo WZR2-G300N

 バッファローは9月12日、IEEE802.11n Draft2.0に準拠する無線LANルータ「WZR2-G300N」を発表、9月下旬より出荷する。製品ラインアップは、無線ルータ単体モデル「WZR2-G300N」、単体モデルのMac OS X向けモデル「WZR2-G300NM」、および無線LANカードセットモデル「WZR2-G300N/P」、USBスティック型無線LANアダプタセットモデル「WZR2-G300N/U」の計4製品を用意。価格はWZR2-G300NおよびWZR2-G300NMが1万5700円、WZR2-G300N/PおよびWZR2-G300N/Uが2万1000円。

 WZR2-G300Nは、従来モデルの2倍の帯域幅となる40MHz通信帯域幅を利用可能な「倍速モード」に対応する無線LANルータで、IEEE802.11b/gおよびIEEE802.11n Draft 2.0に対応した。

 セキュリティ機能として、AES/TKIP/WEPの3つの暗号化方式を混在して利用できる「マルチセキュリティ」機能を搭載。暗号化レベルを気にすることなく利用できる。またルータモードでの利用時には、セキュリティレベルの低いWEP接続子機から、AES/TKIP接続子機にアクセスできないよう制限を行うことも可能となっている。接続設定方式は、同社独自の「AOSS」および標準規格の「WPS」に両対応する。

 有線ポートは10/100BASE-TXポートを4ポート装備。本体サイズは160(幅)×150(奥行き)×32(高さ)ミリ、重量は約310グラム。

関連キーワード

バッファロー | IEEE | ルータ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう