ニュース
» 2007年10月05日 12時18分 公開

日本サムスン、マルチディスプレイを簡単に構築できるUSB外付け型19インチ液晶「SyncMaster 940UX」

日本サムスンは、アナログ/デジタル入力のほかUSB接続による映像出力もサポートする19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 940UX」を発表した。

[ITmedia]
photo SyncMaster 940UX

 日本サムスンは10月5日、USB接続にも対応する19インチ液晶ディスプレイ「SyncMaster 940UX」を発表、10月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は4万5800円。

 SyncMaster 940UXは、1280×1024ドット(SXGA)表示対応の19インチ液晶ディスプレイで、接続インタフェースとしてアナログD-Sub×1、DVI×1のほかUSB接続にも対応。USBディスプレイアダプタ相当の機能を内蔵しており、USB接続だけで簡単にデュアル/マルチディスプレイ環境を構築することが可能だ。

 表示スペックは、応答速度5ms、輝度300カンデラ/平方メートル、ダイナミックコントラスト比2000:1。視野角は水平/垂直とも160度となっている。

 表示機能として、輝度やコントラスト比を5種類のプリセットから選択できる「MagicBright2」、中間域の色相をRGBカラーに近づける「MagicColor」などを搭載した。USBハブ機能も装備しており、2ポートを利用できる。本体サイズは407.6(幅)×200(奥行き)×408(高さ)ミリ(スタンド有り)、重量は5.2キロ。USB接続時の対応OSはWindows 2000 Professional(SP4)/XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう