ニュース
» 2007年10月05日 18時04分 公開

アイ・オー、「LCD-MF241X」のシステムアップデートを公開

アイ・オー・データ機器は、液晶ディスプレイ「LCD-MF241X」のシステムアップデートプログラム第1弾を公開した。ビデオ入力のPAL形式のサポートなどの機能が追加されている。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は10月5日、液晶ディスプレイ「LCD-MF241X」のシステムアップデートプログラム第1弾を公開した。

 USBケーブルでPCと接続した状態で、専用のアップデートプログラムを実行することによりシステムアップデートが可能となる。今回のアップデートでは、以下の機能が追加されている。

  • PAL形式の入力信号に対応
  • オーバースキャンに対応
  • D映像の入力信号リフレッシュレート50Hzに対応
  • D映像のD3以上(1080i、720p、1080p)の入力信号に対し画質を向上
  • アスペクト比(画面サイズ)の保存値がPC映像(デジタル・アナログ)とビデオ映像(HDMI・D映像・ビデオ)でそれぞれ設定可能
  • ECOモード時に輝度設定の変更が保持されない場合がある件を修正
  • ディスプレイマネージャからインフォメーション情報のオンオフできない場合がある件を修正

 アップデートプログラムの入手はこちらから。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista。

関連キーワード

ディスプレイ | HDMI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう