ニュース
» 2007年10月09日 12時03分 公開

Antec、高効率設計の静音650ワット電源「NeoPower650」など4製品

リンクスインターナショナルは、Antec製ATX電源「NeoPower」シリーズ計4製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo NeoPowerシリーズ

 リンクスインターナショナルは10月9日、Antec製ATX電源「NeoPower」シリーズ計4製品の取り扱いを発表、10月13日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は430ワットモデルの「NeoPower430」が1万4500円前後、500ワットモデルの「NeoPower500」が1万7500円前後、550ワットモデルの「NeoPower550」が2万500円前後、650ワットモデルの「NeoPower650」が2万2400円前後。

photo 各モデルの出力比較

 NeoPowerシリーズは、ATX12V Ver.2.2およびEPS12V Ver.2.91に準拠する電源ユニットで(NeoPower430はATX12V Ver.2.2のみ対応)、高効率を証明する80PLUS認証を取得したモデル。独立した+12ボルト出力を3系統装備し、安定した電源供給が可能だ。

 低発熱設計により、内蔵冷却ファンを静音8センチ角ファン×1としたことで低騒音を実現。騒音レベルは18デシベル以下となっている。また、ケーブルは任意に着脱が可能なモジュラーケーブル式を採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう