真の“X38環境”は年末商戦で完成する?古田雄介のアキバPickUP!(1/4 ページ)

» 2007年10月14日 15時23分 公開
[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

PCI Express 2.0対応グラボ待ちの雰囲気が漂う

X38マザー解禁を知らせるT-ZONE.PC DIY SHOPのPOP

 噂どおり、10月10日に「Intel 3シリーズ」の最上位となる「Intel X38 Express」チップセットを搭載したマザーボードが登場した。ギガバイトの「GA-X38-DQ6」とASUSTeKの「P5E」で、価格はそれぞれ3万円台半ば。各ショップで、P5Eのほうが3000〜1000円程度安くなっている。P5Eは入荷数が少なく、すでに入手しにくい状況になっているが、GA-X38-DQ6の在庫は比較的潤沢だ。

 Intel X38 Expressは帯域幅を2倍にした「PCI Express 2.0」をサポートするチップセット。メモリはDDR2/DDR3に両対応するが、今回登場した2モデルはともにDDR2のみが搭載できる。GA-X38-DQ6とP5EとともにPCI Express 2.0 x16スロットを2基備えるほか、メーカー独自の技術によりFSB 1600MHz動作も可能にしている。

 発売される前は、GA-X38-DQ6が一番人気になるとの予想が大半だったが、フタを開けてみると、出足はP5Eのほうがよく、発売当日に売り切れるショップが多かった。クレバリーインターネット館は「ASUSTeK製品は4万円前後で出回るとの前情報が入っていましたが、仕入れてみると意外なほど安い。機能が拮抗しているGA-X38-DQ6より値ごろなのと、ASUSTeKブランドのネームバリューで人気を獲得したようですね」と語る。

ツートップのレジ前に並んだX38マザー(写真=左)。ギガバイト「GA-X38-DQ6」(写真=中央)。ASUSTeK「P5E」(写真=右)

 とはいえ、3万円以上の高価なマザーボードに手を出すのは、いまのところ一部のヘビーユーザーに限られている。GA-X38-DQ6は再入荷のメドも立っているが、「現在の需要は初回入荷分である程度満たせたと考えています。次回入荷分は様子を見ながら少数に抑えるでしょうね」(某ショップ)との判断が多勢だ。

 X38マザーがブレイクするきっかけに、ツートップ秋葉原本店はPCI Express 2.0対応グラフィックスカードの登場を挙げる。「DDR3メモリも普及しきっていない現状でX38マザーを使うメリットは少ないです。PCI Express 2.0対応カードが出れば、興味を持つゲーマーが増えると思いますよ」とのこと。

 そのPCI Express 2.0対応カードが出回るのは、11月以降との見方が強い。某ショップは「ロードマップを見ると、NVIDIAもAMDも11月以降に新世代のGPUをリリースすると予想されます。そこで一気にPCI Express 2.0化が進むのではないでしょうか。ただ、潤沢に出回るのはさらに先。各ベンダーは年末商戦を目標に量産してくると思います」と話していた。

 DDR3メモリが普及するのは2008年以降と予想されているが、PCI Express 2.0対応カードの登場でX38マザーがブレイクするなら、その時期は数カ月早まるかもしれない。

製品名:ギガバイト「GA-X38-DQ6
入荷ショップ
クレバリー1号店3万4938円
クレバリーインターネット館3万4938円
フェイス秋葉原本店3万5970円
TSUKUMO eX.3万5980円
ツートップ秋葉原本店3万5980円
BLESS秋葉原本店3万5980円
パソコンショップ・アーク3万6000円
USER'S SIDE秋葉原本店3万6540円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万6980円
ドスパラ秋葉原本店3万6980円
製品名:ASUSTeK「P5E
入荷ショップ
クレバリーインターネット館3万1468円
フェイス秋葉原本店3万3470円
フェイスアキバ店3万3470円
ツートップ秋葉原本店3万3480円
BLESS秋葉原本店3万3480円
パソコンショップ・アーク3万3800円
TSUKUMO eX.3万4480円
ドスパラ秋葉原本店3万5980円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表 (2024年05月26日)
  6. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  7. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  8. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  9. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  10. 「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット (2024年01月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー