ニュース
» 2007年12月07日 08時55分 公開

Acer、「北京後」の五輪スポンサーに名乗り――Lenovoは降板

北京オリンピック終了後、2008年いっぱいで公式スポンサーを降板するLenovoに代わり、2009年からはAcerが公式スポンサーとなる。

[ITmedia]

 台湾Acerは12月6日、2010年のバンクーバー冬季オリンピックおよび2012年のロンドン夏季オリンピックの公式スポンサーとなる意向を明らかにした。2009年1月以降、国際オリンピック委員会(IOC)の公式スポンサープログラム「The Olympic Partner Programme」(TOP)の参加企業となり、コンピュータ機器の提供なども行う予定。

 Acerの発表に先立ち、2006年のトリノ冬季オリンピックおよび2008年の北京夏季オリンピックの公式スポンサーを務める中国Lenovoは4日、2008年いっぱいでスポンサーの座を降りることを発表。同社はコンピュータ機器の提供や技術者の派遣のほか、聖火リレー用のトーチのデザインなども手掛けており、スポンサー活動は「グローバルブランドを立ち上げるのに役立った」としている。

 Acerは、「IOCとの協力は、当社に新鮮で新しいアプローチをもたらすだろう」とコメント。10月に買収を完了したGateway事業にとっても好影響をもたらすと期待している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう