連載
» 2008年07月02日 11時59分 公開

“自作の新時代”を告げるパーツが並んだ6月のアキバ5分で分かった気になる、6月のアキバ事情(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

定番マザー「P35」の次を示す、Intel P45 Express搭載マザーが登場

6月初旬、一斉に登場したP45マザー

 6月初旬に注目を集めたもう1つのパーツが、Intel 4シリーズに属する「Intel P45 Express」を搭載したマザーボードだ。Intel P35 Expressの後継モデルの位置付けで、PCI Express 2.0に対応し、サウスチップをICH 9からICH 10に変更するなどの改良がなされている。各社の製品は、エントリー向けの1万5000円以下のモデルから、高付加価値を備える3万円超のハイエンドモデルまで多彩だ。

 P45マザーの登場を大々的にアピールするショップが多数見られたが、発売即ヒットとはいかなかった。フェイス パーツ館は「P35マザーからの性能向上を体感できる要素が少ないので、すぐに買い替ようという動きはあまりないようです。今後新型のGPUが登場して、徐々にPCI Express 2.0対応マザーのニーズが高くなってくるでしょう。長い目を見て売れるのを待ちます」と語る。

 6月中旬以降は、ASUSTeKやギガバイトなどの大手メーカーからもP45マザーが登場し、徐々に売れ行きも好調になっている様子。それでも、ブレイクに至らないとの予測が大半を占めている。某ショップは「P35が優秀すぎますからねー。今後も、マシンを一新する際にP45マザーにするという動きが中心になるはず。まあ、半年くらい経てば“気付いたらP45マザーがスタンダードになっていた”という状況になっていると思います」と話していた。

ASUSTeKのP45最上マザー「Maximus II Formula」。3万5000円前後〜で出回っている(写真=左)。6月中旬から出回っているギガバイトのP45上位3モデル。左から「GA-EP45-DS5」(2万7000円弱)、「GA-EP45-DQ6」(3万3000円前後)、「GA-EP45-DS4」(2万3000円弱)となっている(写真=中央)。MSIの「P45 Neo3-FR」(1万7000円前後)と「P45 Neo-F」(1万5000円前後)は6月初旬に登場した(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.