ニュース
» 2008年07月03日 11時57分 公開

RAID構成にも対応するCF−SATA変換基板「KRHK-2XCF2.5SATA」――玄人志向

玄人志向は、コンパクトフラッシュ×2枚を内蔵可能なCF−SATA変換基板「KRHK-2XCF2.5SATA」を発売する。

[ITmedia]
photo KRHK-2XCF2.5SATA  ※画像はサンプル版のもの

 玄人志向は7月3日、コンパクトフラッシュ×2枚を内蔵可能なCF−SATA変換基板「KRHK-2XCF2.5SATA」を発表、今週末より発売する。価格はオープン、予想実売価格は9800円(税込み)。

 KRHK-2XCF2.5SATAは、最大2枚のコンパクトフラッシュカードを内蔵可能な変換基板で、Serial ATA接続に対応。付属金具を用いることで2.5インチベイに内蔵することも可能だ。

 RAID構成にも対応、RAIDレベルはRAID-0/1およびJBOD構成をサポートしている。

関連キーワード

IDE | コンパクトフラッシュ | RAID


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう