連載
» 2008年08月07日 12時00分 公開

“小っちゃい”のが人気だった7月のアキバ5分で分かった気になる、7月のアキバ事情(2/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]

mini-ITXマザーの第2波――クアッドコアCPU対応モデルが登場

左がインテル「D945GCLF」、右がギガバイト「GA-GC230D」

 6月初旬に登場したインテルのAtomオンボードモデル「D945GCLF」を皮切りに人気を集めたmini-ITXマザー。7月初旬にギガバイト「GA-GC230D」、7月下旬にMSI「Wind Board MS-7314」が出回りはじめ、選択肢が広がるとともに各モデルの流通量も潤沢となった。1万円前後の価格でCPUをオンボードしており、消費電力が低いというのが共通の特徴だ。

 6月に加熱していた人気は、製品の潤沢化とともに落ち着いたとみるショップが多い。フェイス パーツ館は「mini-ITXマザーは拡張性が低く、用途が限られます。もともとニッチな製品なので、ヒットしてもその絶対数は多くない。サーバ用途だけでなく、リビングに置くAVマシン向けにも注目されていますが、購買層を広げるまでには至っていません。まあ、これから定番化して売れていけばいいなと考えています」という。

 需要を増やすカギはAV用途にあるというのが、多くのショップで聞かれた意見だ。それを予見してか、7月後半からはハイパフォーマンスが期待できるmini-ITXマザーが出回り始めている。

 7月25日にはTDP 95ワット以下のPhenom X4が搭載できるJ&W「MINIX 780G-SP128MB」が登場し、月末にはCore 2 Quad/Extremeが搭載可能なZOTAC「NF610I-D-E」が発売された。採用するチップセットは、MINIX 780G-SP128MBがAMD 780で、NF610I-D-EはGeForce 7050。それぞれ動画再生に強く、グラフィックスカードなしでも十分なAVマシンが組める性能を備えている。

 TSUKUMO eX.は「最近はAVラックに置いて違和感がないデザインの小型ケースが増えています。それらを使って組むのにおすすめですね。正直、AtomでAVマシンを組むのはいろいろと厳しい面があります。用途によって無理のない範囲で消費電力を抑えて、その分性能を求めるという選び方ができるのはうれしいですね。どちらもロングヒットするんじゃないでしょうか」と期待を寄せていた。

MSI「Wind Board MS-7314」。mini-ITXの規格から縦に2センチはみ出しているため、micro-ATXサイズの扱いとなるが、搭載できるmini-ITXケースもある。価格は1万円前後(写真=左)。J&W「MINIX 780G-SP128MB」。価格は2万3000円前後と、やや高め(写真=中央)。1万円前後で出回っているZOTAC「NF610I-D-E」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう