特集
» 2008年10月10日 11時30分 公開

第2回 ドライバとソフトで印刷の“色”を極める秋のA3ノビプリンタ特集(4/4 ページ)

[榊信康,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

HP Photosmart Pro Printプラグイン(日本HP)

シンプルな画面構成は分かりやすいが、複数の画像を同時に扱えないのは惜しい

 「HP Photosmart Pro Printプラグイン」は、バージョン7以上のPhotoshopに対応するが、現状ではCS3をサポートしていない。3社の中では最も登場時期が古いソフトなので、エプソンやキヤノンのものに比べて、見た目、機能ともシンプルだ。

 メイン画面は左側でプレビュー、右側でプリント設定を行う。設定メニューはプリンタの設定、カラーマネジメント、ページ、サイズと位置に大別できる。色変換はプリンタドライバまたはPhotoshopによる変換が選択できる。もちろん、色変換を行わないモードやモノクロモードも選択可能だ。

 ユーザーの設定を複数登録して切り替えるような機能はないが、現在の設定をデフォルトとして登録することはできる。画面左下の「HP Color Center」ボタンからは、プラグインで選べる用紙の種類にユーザーのカスタム用紙を追加することが可能だ。

 基本的な項目に不足はなく、一覧性、操作性も文句はないが、難点はデータを1つだけしか扱えないことだ。このため、複数枚の写真を並べたレイアウト印刷はできず、複数のデータをプリントしたい場合でも、1画像ずつPhotosmart Pro Printを起動して印刷しなければならない。それでも、Photoshopのプリントプレビューやプリンタドライバをわざわざ開いて設定するよりは格段に労力は少ないが、せっかくのプラグインなので、もうひとひねりしてほしかった。そろそろ次のバージョンアップを期待したい。

EPSON ColorBase(エプソン)/Color Management Tool Pro(キヤノン)

 A3ノビ対応プリンタで特徴的なソフトは、Photoshopプラグインだけではない。エプソンのPX-5600(を含むMAXARTシリーズ)とキヤノンのPIXUS Pro9500/9000には、純正のカラーマネジメント対応ツールが用意されている。ここでは、簡単にそれらのツールを紹介しよう。

 「EPSON ColorBase」はプリンタのキャリブレーションソフトだ。使用するにはEye-Oneなどの測色機が必要になる。キャリブレーションの手順は、テストチャートをプリントし、測色機でパッチを計測、色補正を行った後はプリンタドライバやソフトRIPに補正値を適用する。これにより、インクのロットや温度・湿度による変化を吸収し、プリンタを安定した状態に保つ。

 「Color Management Tool Pro」は、ユーザー独自のプリンタ用ICCプロファイルを作成するソフトだ。2枚のテストチャートをプリントし、それをEye-Oneなどの測色機で測定することで、ICCプロファイルが作成できる。これを適用することで、印刷結果の差異を抑える仕組みだ。

プリンタのキャリブレーションソフト「EPSON ColorBase」(写真=左)。プリンタのICCプロファイル作成ソフト「Color Management Tool Pro」(写真=右)。いずれもウィザード形式で簡単に作業を進められる

 これらのソフトは製品に付属していないが、各メーカーの対応プリンタを購入してユーザー登録すれば無償で手に入れられる。EPSON ColorBaseは「MyEPSON」のサイト、Color Management Tool Proは「CANON iMAGE GATEWAY」のサイトでダウンロード可能だ。ただ、ソフトを利用するのに必要な測色機はそれなりに値が張るので、ホビーユース層には少々ハードルが高いかもしれない。

 なお、第1回で紹介した通り、HP Photosmart Pro B9180 Printerはプリンタ本体に自動キャリブレーション機構を内蔵しており、印刷したカラーパターンを本体の4色LEDセンサで計測し、プリンタの状態を自動で診断・補正することが可能だ。これにより、経年変化による印刷品位のズレを抑えることができる。


 次回は各プリンタの印刷速度を横並びで比較していく。

 第3回はこちら

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう