ニュース
» 2008年11月10日 11時30分 公開

久々に登場する大物「Core i7」の情報公開が進む、発売日は?古田雄介のアキバPickUp!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

1万円切りの地デジチューナーカード「MonsterTV HDP」がデビュー

エスケイネット「Monster X-i」

 11月7日、エスケイネットから、D端子経由で1080iの映像をキャプチャーできる「Monster X-i」が登場。価格は2万円弱で、在庫はやや少数だ。接続はPCI Express x1。

 しかし、それ以上に注目を集めているのが、同社の地デジチューナーカードだ。PCI接続の2モデルを用意しており、シングルチューナーの「MonsterTV HDP」は1万円弱で出回っている。また、1枚のカードにダブルチューナーを搭載した「MonsterTV HDP2」も1万7000円弱と、低価格で登場した。2モデルともに、フルハイビジョンで録画できるほか、字幕放送やEPGによる予約録画にも対応。外付けHDDに直接録画できるなどの特徴を備えている。

 入荷したドスパラ秋葉原本店は「どんなパーツでも1万円切りのインパクトは大きいですね。ちょっと拡張スロットがあまっているから追加してみようという気になります。長年チューナーカードを製造しているエスケイネットだけあって、使い勝手は悪くないので、停滞気味だった同ジャンルでは久々のヒット作になるのではと期待しています」と語る。

 なお、ダブルチューナーの「MonsterTV HDP2」は、基板にいわゆる“缶”がなく、チップがむき出しになっている。あるショップは「地デジはノイズに強いので、割り切った設計にしたんでしょうか? ある程度の受信感度があれば問題ないでしょうが、ちょっと不安になりますよね。このあたりは実証して、店頭に結果を表示したいと思います」と語っていた。

エスケイネット「MonsterTV HDP」(写真=左)、エスケイネット「MonsterTV HDP2」(写真=中央/右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10