インタビュー
» 2009年02月06日 12時30分 公開

MacはWindowsよりも安全だ、でも「Macが安全」というわけじゃない (2/3)

[後藤治,ITmedia]

危険性はある、でも本当に危険なのか。そして今後は?

――プラットフォームに依存しないWebベースの攻撃はMacも同じように危険だ、というのはそのとおりだと思います。でも、いちMacユーザーとして気になるのは、実際にフィッシング詐欺にかかって預金を引き落とされたり、自分のMacがボットネットとして利用されたユーザーがいるのかどうか、実際の被害があるのかどうかです。

マイク 実際にいる。これは友人の話だけど、彼は2回もフィッシングに引っかかって、結局「Norton Confidential for Mac」をインストールした(笑)。Mac上のボットはまだ聞いたことがないね。ともあれ、最近になってアップル自身がSafariにフィッシング対策を施したということは、Macユーザーの中にもフィッシングの影響を受けた人が結構いたのだと思う。アップルが「Macは安全」と喧伝したことで、逆に攻撃者からMacが注目されてしまったことはとても残念なことだ。もっとも、Windowsに比べればMac OSはセキュリティに関してよい仕事をしているとは思うけれど。

――実際にMac OSはWindowsと比較して、悪意のある攻撃に対して耐性があるのでしょうか。LeopardはVistaよりも安全性が高いのか、あるいは単にMacコミュニティの規模の小ささによって、攻撃者からの対象から外されていただけに過ぎないのか。これからさらにMacのシェアが拡大すれば、Windowsのように“どこもかしこもマルウェアだらけ”という状況になりはしませんか?

マイク いろいろな要因がからんでるとは思うけど……Windows用のマルウェアを書くのは簡単だし、悪意のあるWebサイトを作るのはもっと簡単だ、Mac特定のマルウェアを書くよりはね。Windows XPはUMPCに搭載されてまだまだ使う人はいると思うけど、それに比べてMac OS Xのインフラのほうが強いし、Vistaもどちらかと言えばMac OS Xに似てセキュアだといえる。これからもPCそのものを対象にした攻撃では、XPをターゲットにすると思う。

 ただし、現在の脅威はWebブラウザを攻撃するものになっているので、脅威の要因を考えたときにOS自体の堅牢性は2の次だね。Webブラウザのプラグインのぜい弱性をつくものとか。Macがもっとマーケットシェアを伸ばしたら同じように危機的状況になるのではないかとよく聞かれるけど、まだまだXPユーザーが多いからそうはならないと思うね。

――仮にMacとWindowsのシェアが50:50になったら、リスクも50:50になる?

マイク いや、それでもやっぱりWindowsのほうが危険が高くなると思う。Windowsのセキュリティホールのほうが多いから。

――現在、Macが直面しているセキュリティリスクは、Windowsに比べてものすごく低いと考えていいんですね?

マイク そうだね。

――そこでよく言われるのが、セキュリティソフトのコストパフォーマンスの低さです。セキュリティ対策が事実上必須のWindowsに比べて、アクシデントにあう可能性が極端に低いMacでも、ほぼ同じ価格のパッケージを買ってきてインストールするのは抵抗がある、というわけですが、これについてはどう思いますか?

マイク それについてはMac版とWindows版でフィーチャーが違っても、同じだけの価値を提供したいと考えているので……あー、まずは最近リリースしたノートンインターネットセキュリティのMac版を見せたほうがいいかな。

(編集部注:マイク氏は先月リリースされた「Norton Internet Security for Mac」のプロモーションのために来日した。宣伝もしなければならない)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう