レビュー
» 2009年04月02日 16時40分 公開

何かと異色なニューフェイス:「Adamo」とまじめに恋バナを咲かせた――容姿編 (2/2)

[田中宏昌(撮影:矢野渉),ITmedia]
前のページへ 1|2       

インタフェースは必要最低限ですべて背面に装備

ヘッドフォン端子は右側面にある

 ヘアライン加工がなされた天板を持つACアダプタ(45ワット)は、底面積がiPod touchとほぼ同じ、サイズは63(幅)×106(奥行き)×16(高さ)ミリとフラットで小柄だ。重量も約180グラムと軽量で、ウォールマウントプラグと電源ケーブルを交換できるのも便利だが、ケーブルが約195センチと長いので持ち運びにかさばるのが残念だ。

 厚さ16.4ミリというスリムボディゆえ、バッテリーは6セルのリチウムイオンポリマーを採用する。公称駆動時間は最大5時間と長めだが、大容量バッテリーが用意されないのはいうまでもなく、ユーザーレベルで交換すらできないのは意見が分かれるところだろう。インタフェースもヘッドフォンとSIMスロットが右側面にある以外はすべて背面にあり、アクセスしにくいのもいただけない。

 背面には3基のUSB 2.0(うち1基はeSATA兼用)とギガビットLAN、DisplayPort、DC入力のみとシンプルだ。標準でDisplayPort→DVI-D変換アダプタが付属しており、デュアルディスプレイ出力も簡単に行える。なお、ステレオスピーカーは液晶ディスプレイヒンジ部付近に内蔵されている。

前面はフラットで、ラッチレスのため余計なレバーなどがない(写真=左)。主要なインタフェースはすべて背面にまとまっている(写真=右)

左側面もフラットで、厚さ16.4ミリのボディが際立つ(写真=左)。右側面にはSIMスロットとヘッドフォン端子が並ぶ(写真=右)

パッケージに付属するDisplayPort→DVI-D変換アダプタ
アダプタの長さは約19センチで、重量は約50グラムある
本体のDisplayPort端子に接続したところ。着脱防止用のツメがあるので簡単に外れない

ACアダプタの天面部もヘアライン加工が施されている
約180グラムと軽量だが、ケーブルが長いので意外とかさばる
ウォールマウントプラグと電源ケーブルは交換可能だ

パッケージには“愛を伝える”ポストカードが付属

 本機のボディは331(幅)×242(奥行き)×16.4(厚さ)ミリと、底面積は新型MacBookを一回り大きくした程度で、重量は約1.81キロある。スリムなフラットボディのため、手にした感覚は鉄板のような印象で、重量バランスは悪くないがズッシリとした重量感は否めない。また、Inspiron Miniシリーズのようなファンレス設計ではなく、高負荷時は背面左側にあるファンの風切り音が耳に付く。もっとも、Webブラウズやメールの送受信ではボディはまったくといっていいほど熱を帯びず、ファンの風切り音も気にならない。

 バッテリーの駆動時間やパフォーマンス、ボディの温度や騒音はベンチマークテスト編で詳しく触れる予定だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう