レビュー
» 2010年05月25日 15時00分 公開

ドコモ網+WiFiで使えるっ:何ができる? SIMロックは?──バッファロー「ポータブルWi-Fi」、機能を速攻チェック(前編) (4/5)

[井上翔(K-MAX),ITmedia]

公衆無線LANの“ルーティング”はどうか

 本機は、無線LANチップを2つ(インターネット側:IEEE802.11a/b/g、LAN側:IEEE802.11b/g 双方、最大54Mbps)内蔵しており、無線LANのルーティング機能として、家庭内で使う無線LANルータやアクセスポイントはもちろん、公衆無線LANサービスも共有して利用できる。

photophoto 公衆無線LANは、FREESPOTやフレッツ/スポット、Mzone/mopera U、HOTSPOTなどの設定がプリセットされている。これ以外に自宅の無線LANも自動切り替え対象に設定できる。画像はmopera U(Mzone)にIEEE802.1X認証でログインするよう設定した例

 対応する公衆無線LANサービスは、バッファロー「FREESPOT」、NTT東西の「フレッツ・スポット」、NTTドコモの「Mzone」(mopera U 公衆無線LANオプションを含む)、NTTコミュニケーションズの「HOTSPOT」など。これらの接続用設定がプリセットされている。ここに、自分が加入する公衆無線LANサービスのIDとパスワード、あるいはサービス固有の設定値を入力することで、公衆無線LANの回線を共有できるようになる。

 今回はmopera Uの公衆無線LANオプション(U「公衆無線LAN」コース 315円/月)のアカウントを用いたが、ひとまずこれは非常に快適だ。Mzone(およびmopera U「公衆無線LAN」コース)はIEEE802.1x認証に対応し、(接続後にWebサイト上でIDやパスワードを入力しなくても済む)自動認証で利用できるサービスの1つ。公衆無線LAN対応エリアに入れば(例えば喫茶店や駅の構内など)、3G回線より高速である場合の多い無線LANに、インターネット側の環境がシームレスに切り替わるよう設定できる。都心部の駅構内などはMzone対応エリアが多いので、駅に着いたら自動的に──と行った感じで利用できそうだ。

 ポータブルWi-Fiは、有線LANポートを備える充電クレードルも付属する。有線LANポートは100BASE-TXに対応しており、これを利用して家庭内の固定インターネット回線をルーティングする──いわゆる無線LANルータ代わりになり、PPPoEクライアントになる機能もきちんと備わっている。逆に、FOMAネットワークや別の無線LANのインターネット接続を、有線LANを経由したほかのPCで共有利用することも可能となっている。

photophotophoto 自宅やオフィスに設置するための、本体の充電+固定通信のルーティング用有線LANポートを備えたクレードルが付属する。ACアダプタの端子を本体に直接差して充電することも可能(モバイルバッテリーで利用・動作・充電できるか──については追って検証する予定)
photophotophoto クレードルのLANポートとPCのLANポートをストレートケーブルで接続すると、ポータブルWi-FiからIPアドレスが割り振られ、3G・無線LAN経由のインターネット接続を共有することも可能だ(写真=左)。IPv6パススルーにも対応しており、NTT東西のフレッツ 光ネクストなどでIPv6接続が必要なサービスにも対応でき、ポート変換も行えるなどブロードバンドルータとしての機能もそこそこ備えている(画像=中)。PCへの接続は、2つのUSBポートを使うUSB Aタイプのコネクタが2つあるUSBケーブルの利用が推奨されている(写真=右 写真のUSBケーブルは本体付属のものではありません)

 本体のMini USB端子は、バッテリー充電のために付属するACアダプタを接続する、分岐USBケーブル(PCのUSBポートを2つ利用して充電)を用いる以外に、PCとUSB接続するとマスストレージ機器として認識される仕組みだ。認識される領域に電子マニュアルやユーティリティソフトウェアが保存されており、別途microSDリーダー代わりとしても利用できる。さらに、USBモデムとしても利用できるようだ(残念ながら今回の評価機は、USBモデムとして動作するためのデバイスドライバがなく、この機能は試せなかった。追って検証することにしたい)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう