レビュー
» 2010年05月25日 15時00分 公開

ドコモ網+WiFiで使えるっ:何ができる? SIMロックは?──バッファロー「ポータブルWi-Fi」、機能を速攻チェック(前編) (3/5)

[井上翔(K-MAX),ITmedia]

SIMロックは「あり」──FOMAカード以外のSIMカードは非対応

 ポータブルWi-Fiは、出荷時状態でNTTドコモのデータ通信向けISPサービス“mopera U”の「定額データプラン」用アクセスポイントに接続するよう設定されている。もちろん、このほかの定額データプラン向けISPを利用する場合など、任意のAPN(アクセスポイントネーム)を設定することで、mopera U以外の定額データプラン用、あるいはFOMAパケット通信用の従量アクセスポイントにも接続できる。

 FOMAパケット通信用のID/パスワードの認証(PDP認証)方法は「PPP認証」と「IP認証」の2種類あるが、そのうちの「IP認証」のみに対応する。比較的新しいアクセスポイントはたいていIP認証に対応している。

 そして、多くのユーザーが気になる「SIMロック」の有無について、こちらは「あり(SIMロックあり)」である。ファームウェア上でSIMロックがかかっており、FOMAカード以外(例えばイー・モバイルやソフトバンクモバイル)のSIMカードを差しても利用できない。

photophoto 「SIMロック」が施され、本機はNTTドコモのFOMAカード以外は受け付けない設定になっている。ソフトバンクモバイルのUSIMカードを試しに入れて設定してみたが、ユーティリティ上ではずっと「接続中」表示のままとなり、正常に接続できなかった

おわび

 (5月27日 編集部追記)※以下のテストは、最終仕様決定前の試作機で行ったものです。改めて問い合わせたところ、市販される製品版では「これらが使用できる保証はない」という回答でしたので、一部誤解を招く恐れのある表記を修正しました。



 とはいえ、NTTドコモのFOMAネットワークを用いるMVNOのサービスではどうだろう。例えば、日本通信の「b-mobile3G/SIM」やウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」などは、サービスを利用するためのSIMカードとして、FOMAカードそのものが発行されている(2010年5月現在)。

 手始めに日本通信の「b-mobileSIM」とウィルコムの「WILLCOM CORE 3G」(HYBRID W-ZERO3の購入時に契約したもの)用、2つの“FOMAカード”を使用してみた。これらはどちらもIP接続認証に対応している。

photophoto 左が「b-mobileSIM」として使うSIMカード、右がA2502+定額データプランスタンダードで使用しているFOMAカード。どちらも“FOMAカード”だ(写真=左)。標準では、mopera Uの定額データプラン用APNを使って接続するようになっているが、IP認証に対応している任意のAPNを設定して接続できた。画像はWILLCOM CORE 3GのFOMAカードで接続を試みた際の設定入力画面となる(画像=右)

 今回の試作機では、それぞれのAPNを正しく設定することで接続できることを確認した。同様に、ドコモのFOMA音声端末で「パケ・ホーダイ ダブル」または「パケ・ホーダイ シンプル」を契約したFOMAカードでの「128K通信」での接続も行えた。

(※注 今回の評価は最終仕様決定前の試作機で行っております。ハードウェアおよびソフトウェアの仕様・機能は、製品版と一部異なる可能性があります)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう