NETGEAR、自働ボリューム拡張機能“X-RAID2”搭載の個人向けNAS「ReadyNAS Ultra」

» 2010年10月04日 11時46分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ネットギアジャパンはこのほど、計4台/6台のHDD搭載に対応したNAS「ReadyNAS Ultra 4」「ReadyNAS Ultra 6」を発表した。ともに、HDDを搭載しないベアボーンモデルとHDD搭載モデル(2TバイトHDD×2/×3)をラインアップ。ReadyNAS Ultra 4は10月中旬、ReadyNAS Ultra 6は10月後半より販売を開始する。価格はいずれもオープン。

photophoto ReadyNAS Ultra 4(左)、ReadyNAS Ultra 6(右)

 2製品はともに、CPUとしてデュアルコアAtom(1.66GHz)を搭載した個人向けNASで、同社従来モデル比で2倍のスループットを実現したのが特徴。DLNAガイドラインに準拠し対応家電製品などとの連携を行える。またリモートアクセスツール「ReadyNAS Remote」を用いることで、外部からのファイルアクセスも簡単に行うことが可能だ。

 また、HDD増設時にデータの再配置や最適化を自働で行える「X-RAID2」機能も搭載、異なる容量のHDDを搭載した場合にも無駄のない利用を行える。接続インタフェースはギガビットLAN×2を装備。本体サイズはReadyNAS Ultra 4が134(幅)×205(奥行き)×223(高さ)ミリ、ReadyNAS Ultra 6が170(幅)×250(奥行き)×285(高さ)ミリ。

関連キーワード

NAS | ネットギア | RAID | Atom | DLNA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  3. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  4. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  5. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー