初心者必見! iPhone 5s/5cに入れたい定番無料アプリ25(前編)広田稔のiPhoneで行け(21)(3/4 ページ)

» 2013年10月07日 17時18分 公開
[広田稔,ITmedia]

Facebook(作者:Facebook)

 Facebookの公式アプリ。自分の近況を投稿したり、友達の更新を読んで「いいね!」を押したりしてコミュニケーションできる。友人申請やコメントへの返事など、何らかのアクションがあった場合は通知してくれる。日頃、顔を合わせない人でも、SNSでの交流があれば再会したときに自然に話せるなど、人間関係を円滑にしてくれるのでぜひ活用したい。

広田の視点:

 以前はやたらと重かったFacebookアプリだが、アップデートでかなりサクサクに。ほかのユーザーやグループだけでやり取りするメッセージを頻繁に使うなら、「Facebookメッセンジャー」(作者:Facebook、価格:無料)を導入すべし。 

近況の投稿時は「宛先」で公開範囲を指定できる(画面=左)。右下の設定アイコンを押し「QRコード」を選ぶと、自分のタイムラインに移動するURLを含んだQRコードを生成できる(画面=右)

Twitter(Twitter)

 Twitterの公式アプリ。今起こったことをサッとつぶやいてコミュニケーションしたり、興味のある有名人をフォローする。電車が止まったり高速道路で渋滞が起こった際、関連したキーワードで検索して状況を調べるなど、いろいろな使い方が可能だ。

広田の視点:

Twitterクライアントは激戦区で、アプリによって使い勝手が大きく変わってくる。「Echofon」や「TwitBird」などいくつか試して併用するといい。Facebookのアカウントも一緒に管理できる「HootSuite」(作者:HootSuite Media、価格:無料)も便利だ。

右上の虫眼鏡アイコンでキーワードを入力すると検索が可能。ローマ字の場合、スペース+「lang:ja」をキーワードの最後に入れると日本語の検索結果だけが現れる(画面=左)。ダイレクトメッセージや環境設定などの画面は、右下の「アカウント」タブからアクセスできる(画面=右)

Line(LINE)

 通話とメッセージのやりとりが無料で使えるアプリ。特に盛んに使われてるのはメッセージで、いちいち文章を書かずにタッチ一発でそのときの気分に合った「スタンプ」を送れるのが便利だ。メッセージはグループでのやり取りにも対応しているので、例えば、全員に都合の会う日を聞くときなどに便利だ。

広田の視点:

LINEにはWindows/Macのソフトも用意されている。PCのキーボードに慣れてる人なら、より楽にメッセージを入力できるので利用するといい。同じメッセンジャーでは、ビデオチャットがウリの「Skype」(作者:Skype Communications、価格:無料)も用意しておくといい。

LINEといえば、何と言ってもスタンプ。キャラクターもののスタンプをスタンプショップで購入すれば、より個性をアピールできる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー