ニュース
» 2013年10月25日 02時00分 公開

“世界最高”の生産性を備えたタブレット:「この1年で驚くほどよくなった」――「Surface Pro 2/Surface 2」発表会 (2/2)

[池田憲弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

表参道を軸にした大規模なプロモーションを展開

 新製品のプロモーションについては、年末商戦に向けSurface 2の新テレビCMを2013年10月25日から放映するほか、東京都渋谷区の表参道ヒルズで大規模な広告を展開、特設ショールームを2013年冬に開く予定だという。

 質疑応答ではSurface Pro 2の価格設定に関する質問が出た。米国ではOfficeを搭載しない128Gバイトモデルが999ドル(約9万7312円、2013年10月24日現在)、日本向けモデルはOffice Home and Business 2013をプリインストールして9万9800円。Surface Proのときと同様に、Officeの価格を考慮すればグローバルモデルよりも実質2割ほど安い計算になる。

 これについてマイクロソフト側は「日本市場の動向により価格を決定した。Surfaceが売れることでPC市場を活性化させたいという考えもある」とコメント。新製品の国内メーカーへの影響については「限定的なものに留まる」(樋口氏)とした。なお、7〜8型ディスプレイを搭載する「Surface」の投入予定についても質問が出たが、「今のところアナウンスできることはない」(ホール氏)という。

photophotophoto 年末商戦に向けたプロモーションとして、東京都渋谷区の表参道ヒルズで大規模な広告を展開し(写真=左、中央)、特設ショールームを2013年冬に開く予定だ(写真=右)
photophotophoto Surfaceの新CMではナレーションをクリス・ペプラ―氏(写真=左)が担当。キャッチフレーズは「これさえあれば、何もいらない。」となっている(写真=中央)。発表会に登場したペプラ―氏は、最近Surfaceを使い始めたとのことで、台本の編集やメールのチェックなどに使っているという。寝ながら動画を見るのがお気に入りの使い方だという(写真=右)

写真でじっくり見る新「Surface」

 発表会会場では「Surface 2」と「Surface Pro 2」を展示していた。ここでは両者を写真でチェックしていく。

Surface Pro 2+Touch Cover 2

photophotophoto Windows 8.1 Proを搭載したSurface Pro 2(写真=左)。左右側面に搭載するインタフェースは従来モデルと変わらない(写真=中央、右)
photophotophoto Touch Cover 2はセンサーを増やしたことで、タッチへの反応がよくなっている。タイピングの速度を上げても、ミスタイプが少ない(写真=左)。厚さは約2.75ミリと従来モデルよりも薄型化を実現している(写真=中央)、Surface 2と厚さを比較した(写真=右)

Surface 2+Type Cover 2

photophotophoto Windows RT 8.1搭載タブレット「Surface 2」(写真=左)。左右側面に搭載するインタフェースの配置は従来モデルと変わらないが、USBが3.0に対応した(写真=中央、右)。カラーはシルバーとなった
photophotophoto 右側面に専用ペンを磁力で装着できる(写真=左)。物理キーボードを搭載するType Cover 2は薄型化しつつ、バックライトも搭載した(写真=中央)。エンターキーがほかのキーに比べて幅がやや狭い(写真=右)。
photophotophoto 新色のシルバーはブラックと同様に落ち着いた色合いだ(写真=左、中央)。Type Cover 2の新色パープル(写真=右)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう