ついに登場! Windows 10の日本語プレビュー版をチェックする鈴木淳也の「Windowsフロントライン」(2/3 ページ)

» 2015年01月28日 15時30分 公開
[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Charmを乗っ取って機能が拡張された「Action Center」

 Continuumを除く操作面では、おおよそ以前までのWindows 10 TPの特徴を受け継いでいる。画面左端から中央に向かってスワイプ動作を行うと「Task View」が開き、アプリの切り替えや仮想デスクトップ間の移動が可能だ。この辺りは従来と変わらない。

画面左端から中央に向かってスワイプ動作を行うと「Task View」が開く
Task Viewではアプリの切り替えや仮想デスクトップ間の移動だ

 一方で「Action Center」のように、Windows 8/8.1ではCharm(チャーム)の引き出し口となっていた「画面右端から中央に向かってスワイプ」という操作を完全に乗っ取ってしまったものもあり、これで「Charmはほぼ完全に消えた」と考えてよいだろう。

 Charmを呼び出すショートカットの「Windows」+「C」もすでに動作しない。またCharmの検索メニューに割り当てられていた「Windows」+「F」を入力すると、Cortanaが起動するようになった。

 Action Centerはメニューを拡張し、Wi-Fiのオン/オフや機内モードの設定が可能なボタンを表示させることが可能で、目的の機能へと素早くアクセスできる。この辺りはスマートフォンでおなじみの機能を取り込んだ結果と言える。

画面右端から中央に向かってスワイプ動作を行うことで、「Charm」メニューではなく、「Action Center」が開くようになった。先に紹介したContinuumでは、タブレットモード移行の通知メッセージがすぐに消えてしまうが、Action Centerの左下にあるボタンでモードをいつでも切り替えられる
Action Centerのアイコン表示を拡大したところ。Wi-Fiオン/オフや機内モードが一発で選択できる

新しい「設定」メニューとコントロールパネルが混在

 Modern UIにおける「設定」メニューの表示も変更されており、「コントロールパネル」のようにアイコンが並ぶ一覧表示となった。Action Centerの「All settings」をタップするだけで起動する。これは従来のコントロールパネルとは独立して存在しており、かつ設定可能な内容も異なる。

新しくなった「設定」メニュー。Action Centerの「All settings」をタップすると出現する
こちらは従来からの「コントロールパネル」。新しい設定メニューとコントロールパネルは、別々に呼び出すことができ、設定可能な内容が異なる

スタートメニューはサイズの変更に対応

 またBuild 9926では、スタートメニューの形状がデフォルトで「最大化」されているが、これはメニュー上の「矢印4本マーク」のボタンを押すことで変更できる。最大化表示と、Build 9926より前のタイプ(小さめに表示)とで切り替えが可能だ。

スタートボタンを押して開くスタートメニューのサイズは変更できる。デフォルトは最大化された状態だ。メニュー内の電源ボタンからは「スリープ」「シャットダウン」「再起動」が行える
スタートメニュー右上の「矢印4本マーク」のボタンをクリックすると、スタートメニューをコンパクトに表示できる
スタートメニューに標準アプリのタイルをピン留めし、最大化表示するとこうなる
スタートメニューにタイルを並べた状態でコンパクトに表示するとこうなる
前述したContinuumのタブレットモードでスタートメニューを全画面表示した様子。右上のスタートメニューの拡大/縮小ボタンがないほか、タスクバーのアプリアイコンが非表示になっている

大きく変更された「OneDrive」の使い勝手

 大きく変更されたのが「OneDrive」の挙動だ。従来まで「Placeholder」と呼ばれていた“実体のない”オンライン上のフォルダやファイルを指し示すエイリアス群が取り払われ、「File Explorer(エクスプローラ)」でOneDriveの中身を見ても「同期したフォルダのみ表示」されるようになり、同期設定していない場合は空の状態で表示される。

 つまり、同期設定によってOneDrive上のファイルやフォルダがローカルドライブ上に存在するときのみ、エクスプローラにあるOneDriveの項目でファイルやフォルダを表示する仕様になっている。これによって、これまでPlaceholderを使って気軽にOneDriveへとアクセスしていたユーザーは挙動が大幅に変化していることに戸惑うかもしれない。製品版ではどのような形で落ち着くか不明だが、この変更は留意しておこう。

大きく変更された「OneDrive」の挙動。「Placeholder」は実質的に廃止され、「File Explorer(エクスプローラ)」に表示されているOneDriveアイコンをクリックしても、オンライン上のOneDriveと同期しているローカルフォルダにしかアクセスできない。つまり、ローカルドライブ上に実体のあるファイルにしか触れなくなっている
同期する対象としては、OneDrive上の「ファイルとフォルダすべて」か、「特定のフォルダのみ」かを選択できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月21日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー