これが13.3型“世界最小”モバイルノートの実力だ――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(後編)デザインよし、使い勝手よし、性能はどう?(1/3 ページ)

» 2015年07月15日 16時30分 公開

←・魅惑のアルミ×カーボン×狭額ボディ:隠れた名機か? 13.3型“世界最小”モバイルノートPC――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(前編)

ココが「○」
・13型クラスで最小フットプリント実現
・アルミ+カーボンの強く美しいボディ
・第5世代Coreなどハイスペックな構成
ココが「×」
・13.3型ではサウンドの低音域が弱め
・Adobeソフトを省いて購入できない

デルのこだわりが随所に感じられる上質なモバイルノートPC

 前回デルの13.3型モバイルノートPC「XPS 13 Graphic Pro」について、特徴と使い勝手をチェックした。11型クラスのコンパクトボディに非常に狭額縁の13.3型ワイド液晶ディスプレイを詰め込むことで、13.3型ノートPCでは「世界最小」のフットプリントを実現しているのが最大の特徴だ。

 また、アルミニウムとカーボン素材を巧みに組み合わせた薄型軽量かつ剛性感あるボディ、表示品質の高い液晶ディスプレイ(3200×1800ピクセル表示も選択可)、打ちやすいキーボード、滑らかで上質な触り心地のタッチパッド、第5世代Core Uプロセッサと256GバイトSSDによる高い基本スペックなど、見どころの多いモバイルノートPCに仕上がっている。

XPS 13 デルの「XPS 13 Graphic Pro」

 今回はパフォーマンス、バッテリー駆動時間、動作時の騒音、発熱といった各種テストを実施し、モバイルノートPCとしての実力を明らかにしていく。

定番ベンチマークテストで新型XPS 13の性能を明らかに

 それでは各種ベンチマークテストの結果を見てみよう。評価機の基本スペックは、2コア/4スレッド対応のCore i5-5200U(2.2GHz/最大2.7GHz)、8Gバイトメモリ(DDR3L-RS 1600MHz/デュアルチャンネル動作)、256GバイトSerial ATA SSD(M.2型)、CPU内蔵グラフィックスのIntel HD 5500 Graphics、タッチパネル非搭載の13.3型フルHD液晶ディスプレイ、64ビット版のWindows 8.1といった構成だ。

 まずは、CPU性能を評価するCINEBENCHから。CINEBENCH R11.5のCPU(マルチスレッド対応)スコアは2.85pts、シングルコアのスコアは1.28ptsだ。第5世代Core i5 Uプロセッサとして期待通りの性能が出ている。第4世代のCore i5-4200U(1.6GHz/最大2.6GHz)と比較した場合、CPUスコア/シングルコアのスコアともに約114%のパフォーマンスが出た。ちなみにシングルコアのスコアでCore M-5Y10(800MHz/最大2.0GHz)と比較すると、136%程度のパフォーマンスとなる。CINEBENCH R15についても同様の傾向が見られた。

XPS 13 CINEBENCH R11.5のスコア
XPS 13 CINEBENCH R15のスコア

 ストレージ性能を計測するCrystalDiskMarkのスコアは、最近のプレミアム志向ノートPCのSSDとしては凡庸な印象を受ける。もちろん、Serial ATA 6Gbps接続のM.2型SSDなので体感的なレスポンスは十分速いのだが、「究極の体験を実現」というテーマを掲げるXPS 13なだけに、今後はPCI Express x4接続のより高速なSSDも検討してほしいところだ。

 なお、デバイスマネージャで確認した評価機のSSDは、Samsung製の「MZNTE256HMHP」だった。Samsungの製品情報ページによると、シーケンシャルリードが540Mバイト/秒、シーケンシャルライトが265Mバイト/秒という仕様なので、スペックから考えて妥当なスコアと言える。

XPS 13 CrystalDiskMark 3.0.3のスコア

 システム全体のパフォーマンスを評価するPCMark 7の総合スコアは4589、System storageのスコアが5069だった。大半のユーザーはモバイルノートPCとして不満の出ないスコアと言えるが、最近のSSD搭載機としては若干低く、ストレージ性能が全体に影響した形だ。Computaion(CPUとGPUに負荷をかける計算処理系テスト)のスコアも12980とさほど伸びなかった。

XPS 13 PCMark 7 1.4.0のスコア

 3DMarkやFINAL FANTASY XIV:新生エオルゼアベンチマークキャラクター編でチェックした3D描画性能は、なかなか健闘している。第5世代Core i5で強化されたCPU統合グラフィックスのIntel HD 5500 Graphicsが効いており、ゲーミングノートPCレベルの3D描画性能は期待できないが、描画負荷が高くない3Dゲームならば対応できる余裕がユーザーにとっては心強い。

XPS 13 3DMark 1.2.362のスコア
XPS 13 FF14ベンチのスコア1。1280×720/標準品質(ノートPC)
XPS 13 FF14ベンチのスコア2。1280×720/高品質(ノートPC)
XPS 13 FF14ベンチのスコア3。1920×1080/標準品質(ノートPC)
XPS 13 FF14ベンチのスコア4。1920×1080/高品質(ノートPC)

 より高いパフォーマンスを求めるならば、Core i7-5500U(2.4GHz/最大3.0GHz)を搭載したワンランク上のモデルを選択するとよい。ターボブースト時のクロック向上によって、より快適なユーザー体験が得られるだろう。

ベンチマークテストの概要

  • パフォーマンステスト
    • CINEBENCH R11.5(CPU性能評価)
    • CINEBENCH R15(CPU性能評価)
    • Crystal Disk Mark 3.0.3(ストレージ性能評価)
    • PCMark 7 1.4.0(PC総合評価)
    • 3DMark 1.2.362(3D性能評価)
    • FINAL FANTASY XIV:新生エオルゼアベンチマーク キャラクター編(3D性能評価)

 ※Windows 7の電源プランは初期設定のいわゆるバランスモード「DELL」に設定



デル株式会社 デル株式会社
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー