ニュース
» 2015年07月21日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「Radeon R9 Fury」カードが登場! ……が、やっぱり極レア (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

初登場から120Gバイトで6500円切りなSANDISK「SSD PLUS」シリーズが登場

 ストレージ関連はコストパフォーマンスに優れたSSDの新製品が目立っている。SANDISKから登場したのは「SSD PLUS」。「ウルトラII」の下位にあたるエントリーシリーズで、240Gバイトと120Gバイトモデルをラインアップしている。価格は順に1万500円前後と6500円以下だ。

 BUY MORE秋葉原本店は「初回から特価クラスの値段になっていますね。シーケンシャルライトが240Gバイトで350Mバイト/秒、120Gバイトで180Mバイト/秒となりますが、そこまでの速度を求めていない人にはちょうどいいでしょう」と話していた。

 同様のコンセプトの廉価SSDとしては、プレクスターからも「M6V」シリーズが登場している。256Gバイトモデルが1万1000円善後、128Gバイトモデルが6500円前後から7000円弱となる。

サンディスク「SSD PLUS」

 そのほか、ウエスタンデジタルからは同社初のSSHDとして2.5インチの「WD Blue SSHD WD10J31X」が売り出されている。64Mバイトキャッシュのほかに8GバイトMLCを搭載しており、HDDの容量は1Tバイトとなる。価格は1万500円前後だ。

ウエスタンデジタル「WD Blue SSHD WD10J31X」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう