PC USER Pro
連載
» 2015年08月20日 11時30分 公開

落雷から大切なPCやデータを守るためのポイントSOHO/中小企業に効く「雷サージ対応製品」の選び方(2/3 ページ)

[山口真弘,ITmedia]

電源タップ(4個口以上)

 具体的な雷サージ対応製品として、まずは電源タップについて見ていこう。電源タップは各社ともに個口数、形状ごとにさまざまなバリエーションが存在するが、その一環として雷サージ対応機能を備える製品が用意されている。

 最大サージ電圧はほとんどの製品が1万2500ボルトと横並びで、差異化要因にはなりにくいが、雷サージ保護機能が動作している間はLEDが点灯する製品や、バリスタの上限を超える雷サージが侵入した際に回路を遮断するヒューズを搭載した製品など、プラスαの機能を備えたものもある。また、電話回線を雷から保護するアレスタ(避電器)を内蔵した製品も多い。

 これに加えて、個口数や集中スイッチの有無、抜け止め機構の有無といった、電源タップとしての付加機能もチェックしつつ選ぶとよいだろう。ここでは国内主要メーカーの代表的な製品を例に紹介するが、選び方のポイントさえ押さえておけば、ここに挙げた製品でなくとも問題はない。ただし、最大サージ電圧を明記していない製品は、効果の程がはっきりしないこともあり、手を出しづらい。基本的には避けたほうがよいだろう。

 エレコムの「T-K1A-2425WH」は、最大サージ電圧1万2500ボルトに対応した電源タップだ。2ピン式の4個口というシンプルな仕様で、どちらかというと家庭での利用に向いた製品だが、絶縁キャップが付属するなど細部にも配慮されている。2.5メートルと5.0メートルの2モデルがあるが、前者で1920円(税別)と価格的にもリーズナブルだ。

エレコム「T-K1A-2425WH」

 同じくエレコムの「T-K8A-2625WH」は、最大サージ電圧1万2500ボルトに対応した電源タップだ。個別スイッチ、一括スイッチ、ほこり防止シャッター、絶縁キャップなど多彩な機能を搭載するほか、個口数は6と余裕があり、法人ユースにはぴったりだ。長さは2.5メートルだが、ほかに5メートルのモデルも用意している。

エレコム「T-K8A-2625WH」

 サンワサプライの「TAP-3805SPN」は、最大サージ電圧1万2500ボルトに対応した電源タップだ。バリスタに加えて電話回線を雷から保護するアレスタ(避電器)も搭載し、電源と電話回線をまとめてガードできる。さらにバリスタを保護する安全回路としてヒューズも搭載している。抜け止め機能を備えるほか、マグネット付属でスチール面に取り付けることも可能だ。個口数は8と多いが、長さは2メートルとやや短めだ。

サンワサプライ「TAP-3805SPN」

電源タップ(1〜3個口)

 4〜10個口の電源タップ以外に、既存の電源タップと組み合わせて使う、1〜3個口程度のコンパクトな電源タップも各社が用意している。敷設済みの電源タップに追加するだけで使えるため、導入にあたって配線作業の面倒さが不要なのは利点だ。

 エレコムの「KT-180」は、最大サージ電圧1万2500ボルトに対応した2個口の電源タップだ。スイング式のプラグを搭載しており、既存の電源タップに追加して利用できる。

エレコム「KT-180」

 サンワサプライの「TAP-SP205」は、最大サージ電圧1万2500ボルトに対応した3個口の電源タップだ。壁面コンセントへの取り付けを想定した形状で、雷サージ低減機能が働いている際はLEDが点灯するため、効果が分かりやすい。

サンワサプライ「TAP-SP205」

 オーム電機の「HS-A1234W」は、最大サージ電圧6万ボルトに対応した1個口の電源タップだ。特徴はなんといってもその容量の大きさで、作動中はLEDが点灯するのも分かりやすい。集中スイッチがついた2個口の「HS-A1240W」もある。

オーム電機「HS-A1234W」(写真=左)、「HS-A1240W」(写真=右)

 ヤザワの「雷バスター60000V白(STB60WH)」は、電源タップに差すことで雷サージ対応電源タップへと変身させるユニークな製品で、最大サージ電圧は前述のHS-A1234Wと同じ6万ボルトだ。本体にプラグを差し込む口はなく、タップの口をまるまる1つ占有する形になる。最大サージ電圧1万5000ボルトの「雷バスター15000V白(STB15WH)」もある。

ヤザワ「雷バスター60000V白(STB60WH)」はこのように電源タップに差して使う(写真=左)。「雷バスター15000V白(STB15WH)」(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.