レビュー
» 2015年12月26日 00時00分 公開

「New XPS 13」徹底検証 未来を先取りした狭額モバイルノートPC理想のクラムシェル(2/5 ページ)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

上質感のあるアルミ+カーボンボディ

 ボディのデザインは、先代モデルから継承している。底面部は奥側から手前側にかけて、ほぼフラットなラインで絞ったスリムなフォルムを採用している。

 具体的なサイズは、約304(幅)×200(奥行き)×9〜15(高さ)ミリで、これは先代機とまったく同じだ。重量はタッチパネル搭載のQHD+液晶モデルが約1.29キロ、フルHD液晶モデルが約1.2キロとなっている。評価機は前者で、実測重量は1295グラムと公称値通りの重さだった。

左側面 奥側からDC入力、Thunderbolt 3(USB 3.1 Type-C兼用)、USB 3.0、ヘッドフォン/マイク兼用端子がある。その手前にはバッテリー充電ステータスを表示するボタンとインジケーターがある。手前側にはステレオスピーカー(左)が配置されている
右側面 奥側からセキュリティロックポート、USB 3.0(電源オフチャージ対応)、SDメモリーカードスロットがある。手前側にステレオスピーカー(右)がある
手前側面 手前側面
奥側面 奥側面

 ボディの質感にも強くこだわっており、トップカバーとボトルカバーの材質にはアルミニウム合金を採用。コンピュータ制御で削り出した素材にサンドブラスト加工とアルマイト処理を行い、美しく仕上げている。

 評価機は新たに追加されたゴールドモデルで、いわゆる「シャンパンゴールド」というよりは少し濃い目だが、過剰にギラギラしすぎず、落ち着いた上質感のある色味のゴールドだ。

天面 金属の質感を生かした仕上げの天面。新色のゴールドも上品な仕上がりだ
底部 底部もシンプルなデザインだ。スリットは吸気口で、排気口はヒンジ部にある。各種認証ラベルなどはXPSロゴのある小カバー内にプリントされている

 また、キーボードベゼル/パームレスト部分は、航空機にも使用されているハイグレードなカーボンファイバーに裏からマグネシウム合金を貼り合わせ、たわみなどがない剛性感、どこを持って不安を感じない堅牢性を実現している。

パームレスト パームレスト/キーボードベゼルは、カーボンファイバーを使用。表面はカーボンの織り目を柄としてあえて残している。剛性をたかめるために裏面をマグネシウムでさらに補強しているという
付属のACアダプターもスリム 付属のACアダプターもスリムだ。ケーブルは例によって3ピン仕様だが、それでも比較的取り回しやすいケーブルだ
デル株式会社 デル株式会社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.