ニュース
» 2016年02月22日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:自動開閉する近未来ケース「H-TOWER」がアキバに登場! 31万円超! (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

キーボード内蔵のWindows 10マシン「キーボードPC WP004」が数量限定でデビュー!

 先々週登場した新型の「Compute Stick」以上のペースで売れているといわれる完成品PCが先週登場している。テックウインドの「キーボードPC WP004」で、価格は2万1000円強だ。

テックウインド「キーボードPC WP004」

 キーボードPCは、Atom Z3735Fや32GバイトeMMCなどを搭載した32bit版Windows 10 Home搭載マシンで、ボディには日本語配列の76キーやトラックパッドが並ぶ。入力端子は背面にあり、HDMIとアナログRGB出力が1基ずつと、有線LANやSDXCメモリーカードスロット、2基のUSB 2.0ポートなどが並ぶ。電源は付属のACアダプタから供給する。サイズは(幅)287×(奥行き)125×(高さ)26.5ミリで、重量は約288グラムだ。

 入荷したパソコンSHOPアークは「スペック的には一世代前のスティックPCに近いですが、意外と軽くて携帯しやすいこともあり、持ち運べるサブマシンとして購入する方がけっこう多いです。すでに売り切れたショップもあるらしいですが、頷ける勢いです」と話していた。

 なお、再入荷は難しいらしい。「代理店のテックウインドが企画した製品なので、工場との直接的なパイプはないんじゃないかと思われます。つまり、再生産はそう簡単じゃないのではと。欲しい人はお早めが肝心ですね」とのことだ。

「キーボードPC WP004」のパッケージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう